のんブログ~DbDダイアリー~

初心者の方にも分かりやすい解説&更新情報などをいち早くお届けします

【学術書Ⅱ-報い-】『デイビット・キング・マンチェスターミックス』背景物語【デッドバイデイライト】

こんにちわ、のんです。

本日はアーカイブコレクション2
デイビット・キングの「マンチェスターミックス」の
ストーリーをご紹介していきたいと思います。

母を虐待する父を殴り家を出ていくキング…
友達を頼り住む家を探すがなかなか上手くいかない…
そんな中トニーと再会しキングの人生は大きく動き出す。

それでは、ごゆっくりお読みください。

【学術書Ⅱ-報い-】『デイビット・キング・マンチェスターミックス』背景物語【デッドバイデイライト】


【デイビット・キング】アーカイブⅡ コレクションストーリー【マンチェ

記憶339

キングは傷を負った拳をぎゅっと握る。

酔っ払いどもの歓声や怒鳴り声が路地にこだまする。

キングは倒れた相手を見つめる。

血を流す顔。

潰れた鼻。

欠けた歯。

キングは最後の仕上げとして顔を蹴りつける。

キングはファイトで負けたことがない。

今も、そして、これからも。

キングに賭ければ大丈夫。

キングは群衆を見渡す。

ドニーを見つける。

賭け事で問題のある古い友人だ。

俺に賭け続ければ問題じゃなくなる。

キングは腕時計を見る。

家族会議には遅刻だ。

記憶340

キングの父は、自分が理解できないことで口答えされると、母を虐待する。

いつも同じクソだ。

キングは歯を食いしばる。

血と熱が顔に上る。

喧嘩でキングが負けることがないのは、

対戦相手に父親の顔が投影されるからだ。襲いかかりたい。

何か言いたい。

何でもいい。

だが何か言うといつもさえぎられる。

だが今回はキングは正気じゃない。

もしくは正気なのかもしれない。

父親が母親を殴ろうと手を挙げる。

理解するよりも速く動く。

一瞬でキングは父親の腕を掴む。

次の瞬間キングは父親を積年の恨みを込めてあざができるまで殴る。

キングは母が父を抱き起こしている間に立ち去る。

出ていけ!

もう二度と顔を見せるな!

この親不孝者が!出ていけ!

記憶341

キングには友達がいたことがなかった。

本物の友達という意味だが。

腰巾着はいた。

虎の威を借る狐のようなバカ共だ。

今は誰もいない。

助けてくれるような友達は一人だっていない。

かつて学校にいた頃は友達がいた。

だが昔の話だ。

キングには金が要る。

だが金は木になるわけではないし、キングに挑む者もいない。

最後の相手をひどく痛めつけてしまったからだ。

キングには仕事が要る。

口座の金は尽きかけているし、昔からの浪費癖は直すのが大変だ。

記憶342

キングはトミーに会う。

トミーのアパートにはキングが住める場所がない。

住ませてあげたいが、無理だと言う。

ミックが助けようとするが、ミックの母親が許さない。

ビルとハリーも同じだ。

元カノは新しい彼氏ができて、キングの顔を見るのも嫌らしい。

くそったれにはよくある話だ。

永遠にホテルの部屋で暮らすなんてできない。

貯金がなくなる。

キングは最近見かけた、最後の喧嘩での群衆の中の顔を思い出す。

その男とは幼い頃から友達だった。

進む道は違えたが彼は本 当の友達だった。

キングは彼の住所を探す。

キャッスルドライブ通り。

キングは タクシーを捕まえる。

記憶343

キングは長いこと生きている実感がなかった。

心の通った本当の友をどれだけ欲していたかを実感しながら、

キングはドニーのアパートで古いエールを飲む。

ドニーは、キングが金持ちの生まれと知る前から友達だった。

金持ちは本当に豊ってわけじゃないのさ。

キングはどうしてドニーがこう考えるのか、何を意味するのか理解できない。

ただの思いつき。

昔みたいな一杯やりながらの話。

ドニーはキングが身の振り方を決めるまでいていいと言う。

キングはそれがいつになるかわからない。

問題ないさ。

急にドアが叩かれてキングは驚く。

ドニーが立ち上がる。

ドアを開けると、黒のレザージャケットを着た数人の男が現れる。

筋肉。

キングはよく聞き取れない。

キングが聞き取れたのは気に入らないことばかりだ。

ドニーは金を借りていて、返さなければ顔面に

鉛弾がたっぷりと叩き込まれるのだと言う。

ドニーはキッチンテーブルに戻ると笑う。

お前のせいだ、キング。

誰に賭けていいかもうわからないんだよ。

記憶344

キングは仕事を3回クビになり、一番うまくできる仕事に戻ることにする。

挑戦者が薄暗い裏小路で戦いの場に踏み込む。

キングの二倍の大きさ。

デカい。

キングは怖気づかない。

他の奴と同じように沈むだろう。

群衆は相手をゲットー・マッシャーと呼ぶ。

ゲットー・マッシャーはキングを睨みつける。

キングが飽きるほど聞いたルールをレフェリーがまくし立てる。

キングは相手を睨む...

そして目にする...

父親ではなく対戦相手を。

ゴングが鳴る。

獣のような唸り声と共に、ゲッ トー・マッシャーが飛び出す。

キングは頭を吹き飛ばすような激しい一撃をかわす。

妙な感覚。

反応しない。

混乱している。

ドニーがキングに叫ぶ。

キングがドニーをちらりと見ると同時に頭に巨大な拳が当たる。

黒色が目の周りに渦巻く。

頭への衝撃は覚えていない。

足が崩れたのを覚えていない。

腐ったゴミの山に倒れ込んだのも覚えていない。

ただドニーのアパートのソファで目を覚ましたのだけは覚えている。

強みを失った。

憤怒を。激怒を。憎悪を。

それだけだったのか?

ドニーが大丈夫か、と聞いてきたが、

キングにはわからない。

俺は大丈夫なのか?

強くなれるのか?

わからない。

ただのまぐれ当たり相手に運があったのか?

最強の奴にはある。

俺はだめな気がする。

俺はだめだ。

ドニーは最後の金をキングに賭けたのだ。

記憶345

キングはバーの仕事に慣れてきている。

アルコールで気分を落ち着けながら。

ドニーはビールをすすると、キングは戦う他の理由を

見つける必要があると言う。

キングはドニーに、今飲んでいるビールが

小便になって出る前に家に帰れと言う。

トラブルに巻き込まれる前に。

遅かった。キングは二人の男を見つける。

彼らはドニーに近づく。

ドニーを掴む。

ドニーを地下室に押し込む。

まずい状況だ。

キングはドニーを助けようとするが、マネージャーが

バーの仕事を続けるように怒鳴る。

知るか。

キングはバーを飛び越えると地下室に急ぐ。

ドニーがゲットー・マッシャーに殴られ、

アンクル・ブラスが椅子に座ってそれを見ている。

キングは躊躇しない。

ゲットー・マッシャーにタックルする。強烈な拳が交わされる。

ゲットー・マッシャーはついてこれない。

アンクル・ブラスはキングにも相手を仕向ける。

問題ない。

キングは破壊の突風だ。

キングはゲットーの膝を砕き、眼孔に親指を叩き込む。

神経でつながったままの目玉が飛び出す。

恐怖の叫び声。

ゲットー・マッシャーは眼球を覆って医者を呼んでくれと叫びながら、

よろめき壁にぶつかる。

もう何人かのごろつきが襲い掛かってくる。

そこまでだ!

アンクル・ブラスが立ち上がりキングに近づく。

貴様のクソ頭を引きちぎるのなんて朝飯前だ。

ワシの子分にしてくれたことの仕返しだ。

キングはふらつきながらも立ち上がる。

俺だってまだまだイケるだろ?

ワシのために働くなら、こいつの借金は帳消しにしてやろう。

キングは姿勢をただし、上着をはたく。

笑みがこぼれる。

キングに賭ければ大丈夫。


◆コレクション2の他のストーリーはこちらから