のんブログ~DbDダイアリー~

初心者の方にも分かりやすい解説&更新情報などをいち早くお届けします

【学術書Ⅱ-報い-】「観測」背景物語【デッドバイデイライト】

こんにちわ、のんです。

本日はアーカイブのストーリー2
『観測』をご紹介していきたいと思います。

エンティティの存在を知る人物…
彼もまた故郷から連れ去られ、霧の世界に誘われた1人…
ここで何をしこれからどうなっていくのか

ぜひごゆっくりお読みください。

【学術書Ⅱ-報い-】「観測」背景物語【デッドバイデイライト】

アーカス328

すべての思考力を持つ人の芯には好奇心がある。

未知の領域からの知識への欲求、だがこの深淵が持つ空白の空間で見つかるのは...

宇宙は巨大すぎて理解できないものだ、ということだ。

物事を理解しようとするのはやめておいた方が良い、

さもなくば我々の気が狂うだろう。

万物の壮大な計画において我々が無意味であるという真実に対峙するより、

無知を享受するのが良い。

無限の虚無に対し、我々は果てしなく、

無頓着な宇宙のシチューの中のただの微生物である。

シチューと言ったが...エンティティは恐らく血溜まりに近いだろう。

アーカス7547

夜更けのウィスキー。

妙な後味...最高のウィスキーを作り出す世界からもたらされた味。

ウィスキーで見る夢は最高だ。

故郷の夢、失われた時間を友人や家族と 共に楽しむ。

正気に戻ったとき、私はこの牢獄の宮殿を上下逆さまにしていることに気づいた。

だが何も覚えていない。

すべて、酔っ払いの霞んだ記憶。

他の世界の記憶から作り上げた、たくさんの絵画や像...

粉々だが...現実の感覚を失いつつあるが、良いことなのかもしれない。

いつか現実は次の世界と混じり合い、

私はウイスキー、

叫び声、

そして破れた夢の果てしない流れがごちゃまぜになった 中で、

自身を見失っていく。

アーカス3212

窓から不思議な光と共に何かが動くのが見える。

黒い霧を透かして輝き、私を招いているのが見える。

それでも私は立ち去れない。

動けない。

私はオーリスを通してでしか物体を受け取れないのだ。

あの光は何だ?

エンティティが送ってきたクリーチャーか?

生存者か?

それとも、私のように故郷から連れ去られ、帰り道を探している人間かもしれない。

不自然な風が音を立て、私は幻覚のような動く光を見つめる。

こちらを見る忌まわしい目。

私に手を伸ばそうとしている。

私に何かを伝えようとしている。

奇妙なリズムで動き、何かを告げようとしている。

 

アーカス345

最近、思考や感情の甚大な重要さと、

そしてエンティティがどのようにそれらを使って儀式を彩っているかを、

生存者たちが認識できているのかについて考えた。

パラレルワールドで他の誰かとして生きるのが

どのようなことかを私にちらりと教えてくれる

思考や感情。

暇潰しにもってこいだ。

アーカス1043

エンティティの領域を観察している。

目に映るのは、

不調和、

混沌、

不安、

恐怖...

だが見かけに騙されているのかもしれない。

ベールの向こうには他の真実が、あるのかもしれない。

私が見ているものを言葉に書きつけようとするのは、

馬鹿げてはいなくても無意味に感じる。

アーカス767

オーリスは故郷ではほとんど理解されていなかった。

公正に言えば、オーリスの価値を議会に説明する機会が与えられなかった。

もし彼らが時間を割いて理解し てくれたなら、認識してくれたことだろう。

私にはオーリスの仕組みについて検証可能な説明はないが...

理論があった。

最も合理的なのは、オーリスがトリニティ法の原則に従って作用するということだ。

創造におけるトリニティ法。

我々の祖先によって長く支持されてきた概念で、歴史の中で忘れ去られた。

だがこの 概念は複雑ではないし、魔法でもないし、神秘でもない。

二つの物を組み合わせ れば三つ目のものができることを示唆しているだけだ。

父と母から子ができる。

アイディアと情熱から、

新しい何か、

現実味がある何か、

持続的で意味のある何 かができる。

思考と感情。

そこにはオーリスの最高の理論があり、

オーリック粒子からどのようにして創造が可能であるかという説明ができる。

故郷の先駆者たちの失敗は、思考だけで十分と考えたことだ。

現実には、思考は数式の半分でし かない...

もう半分は感情。

感情と情熱こそが創造の炎を焚きつける燃料となるからだ。

オーリスは発現を増幅し、思考の鋳型と情熱の炎を以て新しい何かを鋳造する。

もしくは...ここに長くいすぎたせいで、

暇潰しがてら理論を理解しようとしているだけなのかもしれない。

アーカス293

今より悪い状況になる可能性もあった。

オーリックの霧のない次元に追放されて もおかしくなかった。

オーリックの霧には数え切れない犠牲者たちの記憶の痕跡が含まれている。

私を楽しませ、時間を忘れさせてくれる記憶。

コイン集め、霊魂集め...

それに音楽 ...

いくつもの歌に楽曲...

パラレルワールドごとの違い...

暇潰しが捗った。

歪んだ考えだが、エンティティがオムニバースから欲したものを、

いかなる物、いかなる時でも奪ってくるのはありがたいと認めつつある。

アーカス632

オーリスのようなものでエンティティの中に

現実を出現させているヴィゴの記憶を、

リフトを通してまた一つ手に入れることができたと思われる。

彼が霧の陰謀を理解するに至った過程は、

奇妙なものでもあり、勇気づけられるものでもある。

恐らくこの場所は、オムニバースに広く存在する

我々の無限の人格と、個人とのつながりを増幅するものと示唆しているように感じる。

アーカス9873

キングのやり方は非常に愉快なものだ。

気分を盛り上げたいときに、何度も繰り返すお気に入りの記憶のひとつは、

記憶2332だ。

ガソリン男。

キングはローンの支払いを何度か踏み倒した男に掴みかかる。

髪を掴んで、小路に引きずり込む。

キングは金属製のガソリン缶を掴み、

この愚か者に中身をかけると、マッチを灯す。

男が恐怖で叫ぶのを、キングは揺れる火を通して見つめる。

そして彼はマッチを男に投げつける。

火が男の胸に触れるのと同時に、男は目玉を剥く。

火は地面でジリジリとくすぶっている。

支払いをしなければ次は本物のガソリンを使うと、

キングは男に告げる。

天才だ。

アーカス9082

マックスの腕前は優秀だ。

農夫が納屋から飛び出した。

狙い澄ましたの一撃で、

彼の頭は跳ね飛ばされ、

熱い血が体から、

間欠泉のように二箇所から吹き出した。

彼は頭をなくした男が滑稽によろつき、

じわじわと広がる熱い血溜まりの中、に倒れるのを見た。

この記憶は一度以上見たのを認めなければならない。

お気に入りの一つだ。

マックスは心がかき乱されるくらいに愉快だし、

死の幻想は魅力的だ...遠くから見る限りは。

◆コレクション2の他のストーリーはこちらから