のんブログ~DbDダイアリー~

初心者の方にも分かりやすい解説&更新情報などをいち早くお届けします

【デッドバイデイライト】学術書Ⅲエスカレーション「ドワイト・フェアフィールド」コレクションストーリー

 

学術書Ⅲエスカレーション「ドワイト・フェアフィールド」コレクションストーリー


【ドワイト・フェアフィールド】アーカイブ コレクション ショートムービー

【違う名前の物語】 ドワイト・フェアフィールド

f:id:Rainbow_Color:20200605102517p:plain

記憶2112

ラサールはドワイトへ近づき

彼の机を殴りつけた。マックスはだめだった

叩き潰してやりたくなるだけの軟弱な男だった

恐怖…不安…混乱…ドワイトはそのすべてを感じる

なぜこんなやつが社長なのか!?

それ以上に前任の男を叩き潰してやりたいと思った

なぜなら…なぜなら…

軟弱な男だからだからだ

ドワイトはそれの意味すら分からない…軟弱な男…

このご時世にそんなことを言う奴がまだいたのか

ドワイトの手がせわしなく動く

ゴクリと唾を飲み込む

ラザールは再び机を殴りつけた

あいつよりはうまくやれよ!!ドイッチ

うちが業界一だって評判を世間に知らしめる必要があるんだ

今ドイッチと呼んだか?ドイッチ?

ドイッチと呼ばれた

ドワイトはまだピーク22社で何をすればいいのか分かっていない

ストーリーフックスーパーバイザラシー

わからないでっち上げられた役職に聞こえる

でたらめに感じる。

金が必要だしもう誕生日パーティーで

ピエロが出来なくなってしまったから仕事を受けた。

子供が残酷だ…偽のプロフィールを使って

ラザールと会社の好意的なレビューを書かないといけないらしい

ラザールが3度机を殴りつけた

勇敢なライオンになれ!!ドイッチ

ネットに襲いかれ

やれ!!評判を広めるんだ!!

ピーク22社我々は人間性を超越する広告のストーリーフックを提供いたします

ドワイトはそれがどういうことなのかさっぱり分からない

ラザールは机に試験用紙を置いて去っていった

ドワイトが不安げに試験用紙を見つめる

ドワイトを雇用したマネージャーのローズが歩み寄り

それは知能テストだと説明する

ラザールは自分が社内で一番賢いということを確かめたいのだ

ひとつだけアドバイス…良い成績は出さないこと

ドワイトはにやりと笑う…了解…

記憶2113

俺達の強みはストーリーフック広告だ

ドワイトはストーリーフックという言葉を聞くたびに体がこわばる

ザールはただ独特でありたいがために独特であろうとする

多くの広告はメッセージを感情で包むためにストーリーを使う

ストーリーフックと名付けたからといって新しい手法であるわけではない

独特であるわけではない

そもそもストーリーフックなんて高校の英語教師が使うような用語だ

ローズは笑う…その通り

だけどラザールはお馬鹿さんで今度出版する本に

自分で理論を作り上げた。と書きたいのよ。

ドワイトは目を見開く…

彼女の父親を切り刻んだのも兵士だ。

本!?なんの本!?

ローズは馬鹿笑いし説明する

自伝の本!ベストセラー間違いなしの!

ラザールの独創性についての真理論が書かれた本

けれどラザールはまだ何も成し遂げていない

ごまかしだらけ

ローズは笑い訂正する

ひとつだけ得意なことがある。

大金をドブに捨てること

ローズは話題を変えドワイトに

ラザールのゴーストライターにインタビューするよう指示する

私たちの裸の王様の自伝についてちゃんとお世辞を言うようにね

記憶2114

ドワイトはローズに歩み寄る

いつもの明るいロ-ズではない

頬には涙の跡が残り、目は腫れている

サウンドデザイナーの説明を遮るようなジョークに乗らなかったので

ミーティングでラザールに恥をかかされたというのだ

舌足らずな話し方のものまねを笑わなかったからと

ローズはため息をつきドワイトに裸の王様とのミーティングは

全て録音しておくようにと助言した

法律的な用途だけではなく、被害者の会のためにもと

被害者の会??それは何だ??

彼女は年に一度元従業員たちが集まりラザールの愚行について笑う会のことを教える

ドワイトは首を傾げる

彼は実に困難している

ドワイトはピーク22社は設立したばかりだと思っていた

設立したばかりだと思っていた何年経っているのかロースは指で数える

5年…ドワイトは耳を疑う

5年も経っているのにピーク22社には何もない

ローズはニヤリと笑う

訂正…5年目にしてもうすぐラザールの自伝と

独創性についての理論が生まれようとしている

記憶2115

ドワイトは偽のプロフィールを操りラザールに称賛のシャワーを浴びせる

こんな楽な仕事は今までになかった

また偽のプロフィールを作ろうとしているとラザールの部屋から怒鳴り声が聞こえる

ラザールがピーク22社の弁護士に向かって怒鳴り散らす中ドワイトは縮み上がった

弁護士はストーリーフックの商標登録は無理だと主張している

既に多くの高校の教科書で説明されているコンセプトだ

ラザールはその場で弁護士を解任した

弁護士は「弁護士は必ず訴えてやる!」

と言うがラザールは気にしない

どうせ和解終わるからだ

いつだって和解で終わる

ラザールの金ではないし、後援者は彼のいいなりだし

これまでも多くの不当な介入を和解で済ませてきたのだ

ローズがラザールをなだめようとするがラザールは口出しするなと怒鳴り散らす

ドワイトはローズを助けたい

しかしこれまでこんなに稼げる仕事がなかった

ほとんど苦労もせずに稼げているのだ

しかし手はせわしなく動き手のひらにじわりと汗が滲み出てくる

ラザールがローズに怒鳴り散らすのは耐え難い


ドワイトは机から飛び出し、ローズを助けることを想像する

緊張のせいか尿意を催し彼はトイレに向かって飛び出していくのであった

 

記憶2116

知性の総合商社ラザールは社内に彼の自伝の題名を発表した

冗談のようだ…

それも悪い冗談だ…だが冗談ではなく

社員は裸の王様を笑わないように耐えている。

ストーリーフックの革命で大勢の出資者を説得してから5年

ラザールは何も成し遂げていない。

広告キャンペーンの一件すら成功したことがないのだ

最初はクライアントもいたがラザールは彼自身で

コマーシャルの台本を書いて監督もやりたがり全てをめちゃくちゃにしてしまった

ドワイトは笑うのを必死に我慢した

ラザールがスピーチを終えるとローズは拍手をする

素晴らしい!!革命的よ!!

成功の秘訣を公表するなんて並の人間ではできないわ。

みんな彼女が皮肉を言っている事を理解している

ラザール以外は…ナルシストとはそういうものだ。

自分が本当に優秀であると信じ込んでいる

ラザールはドワイトの方に目を向けるとこう聞く…

ドウィッチ…君はどう思う?

ドワイトは顔からさっと血が引くのを感じた。

彼はローズの言ったことをオウムのように繰り返す。

素晴らしい!革命的だ!成功の秘訣を公表するなんて並の人間ではできない

ラザールは微笑む。

『大事なのはエゴではないのだよ』ドイッチ…

大事なのは社会性と無欲であることなんだ

記憶2117

ラザールはローズに当たり散らす。

知性の総合商社の出版社が見つけられないからだ。

ピークに22社はこれといった功績もなく

ストーリーフックは革命的でもなんでもない。 

出版社はラザールの事をバカにしている。

ただのストーリーを用いる手法のことをなぜ

ストーリーフックなんて呼んでいるのだ!

ストーリーのある広告…ストーリーフックのある広告…

ローズはラザールのなだめ自己出版を提案する

ラザールはそれを聞いて怒鳴るのをやめた。

君の言う通りだ。

出版会は僕の精神的なアイデアについてこれないんだ!

ドワイトはため息をつく…

ラザールの妄想は聞くに堪えない…ピークに22社の業績は芳しくない

ハラスメントの噂が絶えずクライアントや社員の獲得に苦労している

ラザールは雇用の問題の解決に秘策がある。という。

一流の社員を雇用するためにストーリーフックの

キャンペーンをかきあげるというのだ

何百人何千人もの応募があるだろうというのだ。

ドワイトは理解できない。

応募する理由なんてどこにあるんだと

ドワイトはこう思う…

ピーク22に社はナルシストがやりたい放題する場所を提供する以外に

一体何を成し遂げられるのだろうかと…

記憶2118

ラザールはローズの噂を広めている

ドワイトは彼女を慰めようとするがそれも無駄だ!彼女が言う

これはパターンなのだと…いつものパターン

解雇する前に社員を避難し破滅させるのだ

先に噂を広めそれを口実に社員を解雇する

ドワイトはそれは大げさだと言ってみるがロードは首を振るばかりだ

ラザールは困っている…

1分間の広告にキャンペーンにハリウッドの大作よりも大金をかけてしまった 

出資者たちは結果を求めている

彼にはスケープゴートが必要なのだ

会社の資金管理の不始末を押し付ける誰かが

ドワイトには理解できない…ローズは説明する

これはもう何度も繰り返されてきたことなのだと

彼女の前任だった3名もラザールの行き過ぎた愚行のために

招集され解雇されたのだと

ラザールはまもなく出社たちとのミーティングに臨む

今年の生贄は彼女なのだと

ドワイトとは疑いの眼差しをロールスに向けた

ローズは首を振る…今に分かるわ

ラザールは浪費する…女性がその責任を負わされる

それがラザールの言う雇用機会の均等なのよ

記憶2119

全社ミーティングにでローズがラザールに命じられて

ストーリーフックの利点を説明する様子をドワイトは信じることができなかった

ラザールはすべてのスライドでローズの説明を遮り

遂にはミーティングをキャンセルとしてしまった

ローズの説明を始めてみるからように演じている

ローズはストーリーフックを何も理解していないという

誰もが彼女を気の毒に思いながらカフェテリアを後にした

誰もストーリーフックが何なのか理解できない

ただのストーリーなのに回りくどい言い方をするのはバカらしい

とつぶやきながらドワイトは理解できない

ローズはラザールと打ち合わせをしスライドの一枚一枚を確認していたからだ

二人が同意していたのも聞いていた

ドワイトが声をかけることができる前に

ローズはピーク22社から追い出されてしまった

ドワイトは友人でありシングルマザーである彼女が去っていくのを見送った

ラザールの愚行のための今年の生贄だ

ラザールは資金を使い込み友人がその責任を負わされた

ミーティング自体が彼女を全社員の前でこき下ろすために用意されたものだったのだ

ラザールがドライトに歩み寄る

すまない…ドイッチ…

ローズは君の上司だったことはわかるが彼女には辞めてもらわないといけなかった

我々の企業価値とは合わない人間だったんだ

ドワイトはショックと恐怖のうちにラザールを見つめる

耳を掴んでナルシストの頭から引きちぎってやりたかった

しかしドワイトはただうなずき

世界に正義があってほしいと祈るだけだった

記憶2120

信じられないようなラザールのエピソードの数々にドワイトは耳を傾ける

現実にあったホラーストーリーだ

時代錯誤な物語だ…ラザールと共に働くという悲運にあった者たちの毎年の儀式

被害者達はリークされたピーク22社の求人用ビデオを見るために集まっていた

皆ラザールの馬鹿げた言葉をマジックで書きなぐった

ピーク22社のシャツを着ている

制作会社でラザールと一緒になった作家の女性はラザールが執筆したひどい物語を

web配信しようとしていた時の事を語る

異星人のコンピューターが現実をシミュレートすることで

地球上の生物を支配しようとする物語だ

人気映画のテーマをそっくりそのまま使っていることは誰もラザールに言わなかった

彼女は熱面するラザールを真似る

今までなかったものだ

実にユニークだ!ホラーではない。SFでもない。

これは恐怖そのものだ!

これは…これは新たなジャンルだ!

シミュレーションホラーだ!

ラザールは次にラザールは次に流行するジャンルを作り出したと信じていた

作家はラザールが執筆した本を持ち出す

シミュレーションホラー

彼の新たなジャンルを執筆する作家のためのガイドラインだ

その場の全員が一斉に笑い出す

ドワイトは笑いすぎて腹が痛い

ただのストーリーなのにストーリーフックだなんて言い出す間抜けがいるだろう

SFなのにシミュレーションホラー

裸の王様のエピソードは夜通し語られる

ドワイトとは正義などないのだと確信した

ピーク22社の元ストーリーフックスーパバイザーがラザールが自分のことを

軟弱な男と呼んだ時の事を語る

ストーリーフックという言葉を使用したブロガーに嫌がらせをすることを拒んだから

彼はまた人をとても静かに、しかし馬鹿みたいに笑わせる

無害な薬品のことを語った

もしまだピーク22社で働いていたらラザールに飲ませてやるのにと

皆それに同調する

それは傑作だ

ドワイトもその作戦を気に入った

非常に…正義というのは不思議な形で現れるものなのかもしれない

彼はマックスに問いかける

その無害な薬品のこと…もっと詳しく教えてくれないか?

記憶2121

マックがドワイトに笑い薬を手渡す

ラザールをしょんべんが漏れる程笑わせる事ができると

ミーティング直前にコーヒーに混ぜてやれば来年の被害者の会では

これほどのストーリーフックはないだろう

ドワイトはにやりと笑う…心臓が跳ねているのを感じる

ローズの敵は取ってやる!皆の敵だ!

あの暴君に飼い犬に手を噛まれることもあるということを教えてやるのだ

意を決し、同僚の一人にラザールの気を引くように頼む

別の同僚が話を耳に挟み懐疑的に首を振る

うまくいくの?

彼女はこのいたずらには同調せずドワイトに考え直すようにと忠告した

私には子供が二人いるの

彼女は言う…

ラザールがトリップして誰かに暴行した結果、

出資者が手を引くなんてまっぴらよ!

ドワイトは笑う。心配はない!

最悪でもラザールがロバのような間抜けヅラを晒すだけだと

ドワイトは顔を上げ誰も怪我をするようなことにはならないと彼女に約束する。

彼女の両肩に手を置き理想のリーダーになったような気持ちになる

何も悪いことなんてが起きるはずはないさ