きまぐれDbD

DbDの楽しさを知ってもらえるきっかけになれば嬉しいです

【DbD】ピッグの過去が描かれた「アーカイブ背景ストーリー(物語)」を見てみよう「学術書10-ソウ」

f:id:Rainbow_Color:20220222033920p:plain

 

こんにちわ。きまぐれ(@kimagure_DbD)です。
当ブログでは、DbD(デッドバイデイライト)に関する情報をお届けしています。初心者さん・中級者さん向けに分かりやすい解説を心掛けております。どうぞよろしくお願いいたします。(※総プレイ時間約3000時間程度の若輩者です)

 

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
きまぐれ

こんにちわ。きまぐれです。本日は「学術書10」で解放される「ピッグ」の過去が描かれた背景ストーリーのご紹介です。

ブックマーク(お気に入り)お願いします。
 

 

ピッグ固有パーク

パーク名 解放レベル 優先度
処刑人の妙技 30 ★★☆☆☆
監視 35 ★★★☆☆
選択は君次第だ 40 ★★★☆☆

 

記憶 9107

テレビ画面の中で被験者が叫ぶたびに、アマンダは心臓の鼓動が早くなるのを感じる。透明なシリンダーが押し付けられた裸の腹部を見下ろす被験者の様子を彼女は観察する。

 

数匹のネズミがシリンダーの中に閉じ込められていて、甲高くきながら被験者の皮膚にぶつかっている。中の温度計は36度を指している。ネズミたちはガラスと腹部の間に閉じ込められて興奮していた。暑さからも逃れられない。被験者の皮膚を引っ掻いているネズミを見て、アマンダは満足だった。やがて被験者は力尽き、間の最終機構を稼働させてしまう。腹部に接着されたシリンダーの中を仕切る板が引き上げられ、ネズミとは反対側にシューシューと舌を出すコブラが放たれたのを見て、アマンダはアドレナリンがドッと放出されるのを感じる。

 

ヘビがとぐろを解くと、ネズミたちは暴れ回った。ネズミたちはヘビから逃れようと、狂ったように被験者の腹部を引っ掻き、食い破ろうとする。1匹が被験者の内の中に逃げ込んだ。被験者が絶望の叫び声をあげるのを聞いてアマンダは微笑んだ。ゲームオーバーだ。

 

高揚した気分で隣の部屋のジョン・クレイマーの所へと急いだ。しかし、ジョンのうんざりしたようなしかめっ面を見て心が沈む。

 

彼は眉に溜まった汗をぬぐいながら、彼女の努力を誉めはしたが、計画自体は非難した。この罠の唯一の効果は、苦痛ではないか。痛みは罰としても使用出来るが、まずは信いとして捧げられなければならない。

 

アマンダは顔をしかめた。こんなに努力したのに、何を疑うのだろうか?彼の教えは絶対だ。人生の新たなこのチャンスを無駄にしてしまうのはもったいない。ジョンがテーブルに寄りかかって息を整えたので、アマンダは視線をあげた。ジョンは吸い込んだ息にむせ返った。アマンダは小さな水のボトルを手渡した。共に過ごせる時間が残り少なくなってきていることがアマンダにはわかった。間違いは許されない。必ず彼の後継者となって、彼の始めた実験を完成させるのだ。

記憶 9108

ジョンは食肉工場に駆け込んだ。もう何週間も眠っていないかのように、目の下に真っ黒な隈を作っていた。アマンダは毎晩4時間ほどしか眠らない。実験の前は、余計に睡眠時間が短くなる。興奮して眠れなくなるからだ。

 

ジョンが手にした大きなファイルにアマンダの視線が落ちた。また実験?

 

ジョンは頷いた。次の選挙に出馬予定の愛想のいい政治家、グレイス・ライトについて情報を収集している。

 

こめかみを揉むジョンを見るアマンダ。先週よりもひどい顔だ。彼の技術をすべて覚えるのに、あとどれぐらいの時間が残されているのだろうか?数年?それとも数か月?

 

レガシーを守るためには、その時が来るまでに準備を完了させる必要がある。彼の後継者「ジグソウ」として、ジョンの仕事を継続しなければならない。アマンダはファイルに手を伸ばした。私にできるから見ていて。

 

ジョンが疲れた目でアマンダを見ると、アマンダはそれをしっかりと受け止めた。彼女の準備は整った。もう時間がない。

 

ジョンはしぶしぶ頷いた。

 

記憶 9109

アマンダがテレビをつけると、グレイス・ライトの晴れ晴れしい顔が映し出された。今夜、選挙が行われる。

 

プリンターのトレイから数枚の紙がアマンダの足もとに滑り落ちた。地面からそれを拾い上げる。彼女は今日の昼間、グレイスの受信箱に侵入して弱みを握っていた。実験は完璧に行われなければならない。人生を賭けた仕事を安心して引き継げる人間がいれば、ジョンも心置きなく休めるだろう。

 

アマンダは10年前にグレイスと弁護士の間で交わされた書類やメールを詳細に探っていた。ベン・フェアファックスという人物が、グレイスの市議当選に絡んだスキャンダルを暴露すると脅迫していたことがある。その訴訟はすぐに和解に至っていた。

 

ところが、グレイスと弁護士のメールのやり取りは続いていた。アマンダは、この地域から銅を輸出しているザニックス工業が、排水を直接ヒルフォード川に流」して地下水を汚染しているという報告書を見つけた。100年以上たって朽ちかけた市の送水設備では、汚れを取り除けなかったのだ。市の増税を避けるため、グレ、イスはこの訴訟を隠蔽した。それ以来10年にわたって、グレイスの支持者たちも知らないまま、水は汚染され続けている。

 

アマンダはデスクの上にあった水のコップを見やった。

 

それを流しにあけると、冷凍庫からウォッカの瓶を取り出す。舌の上を冷えた苦味が転がり、味蕾をハーブの香りが刺激する。水分補給に適した方法だとは思わないが、ヒルフォード川の水道水よりは安全だ。

 

テレビの中では、紙吹雪がグレイスの茶髪に降りかかっている。投票結果が出て、グレイスの市長当選が確定する。

記憶 9110

アマンダはジョンから暗号めいたメッセージを受け取る。ギデオン食肉工場で彼」と会うと、疑いは確信に変わる。ジョンは青ざめて今にも倒れそうに見えた。楽の副作用が、病そのものと同等に、彼を弱らせているようだ。彼の足取りはゆっくりと慎重で、まるで一歩一歩を値踏みしているようだった。

 

アマンダは彼の腕をつかんで座るのを手伝う。もう痛みを隠すこともできない。彼が息を整える様子を、アマンダは慎重に見守る。眉の上に玉のような汗が溜まっている。

 

彼女の指導者であり、師であり...父である人が亡くなろうとしている。アマンダは彼の手を握り締めた。この人がいなくなれば私はどうしたらいいのだろう?

 

焦燥感から雪が締め付けられるような気がした。同時に、別の感情が沸き起こる。...怖い?いや、興奮感だ。自由を得られる高揚感。完全な支配権。

 

グレイスの実験について質問するジョンを、アマンダは安心させる。

 

彼のレガシーは確かな手に引き継がれる。きっと証明して見せる、と。

 

記憶 9111

アマンダはこめかみがズキズキと痛むのを感じている。もう何週間も前から毎晩2時間以上眠れていない。鎮痛剤を口に放り込むと、錠剤が渇いたのどを引っ掛か、りながら落ちていくのに眉を潜める。口の中で茶が溶けて苦味が広がったが、それは気を止めないようにする。睡眠時間も水を飲む時間も、もったいない。彼女-はグレイスの実験のため、ギデオン食肉工場の下を通る込み入ったトンネル紹を偵察していた。

 

痛みが強くなったので、アマンダは歩きながら、こめかみを揉んでみる。頭が爆発しそうだが、休んでいられない。ジョンが彼女を必要としている。この頭痛は、いずれ止むだろう。でも彼女の師にそんな希望はもう与えられない。彼の隣にいられる時間は残りわずかだ。やがて、すべての実験を彼女1人でやるようになるだろう。その時が来た時には、準備が整っていなければならない。

 

ギデオンの地下の青写真を懐中電灯で照らし、来た道を辿ってみる。広大なトンネル網を調べているうちに、別の考えが彼女の頭をよぎる。近いうちに、ギデオ」ン食肉工場は彼女の縄張りになる。そう考えると、警戒心と興奮が沸きあがる。

 

見慣れた分岐点が懐中電灯の光の中に浮かび上がる。左の道は地下のトイレへとつながり、右の道は、食肉工場の排水施設に続いている。

 

ジョンのやり方でやるなら、グレイスの弱みに付け込む実験を準備しなければならない。何千人もの健康を危険にさらしてでも、市長になりたいという出世欲。市長には自分の声を飲んでもらわねば。アマンダは右の道に這い進んだ。

記憶 9112

アマンダはグレイスのバスルームに掛かったシャワーカーテンの陰に隠れている。攻撃するタイミングを見計らいながら、心臓が高鳴るのを感じる。ここが一番好きなところだ。アドレナリンが放出され、神経が高ぶる。疲れも痛みも感じず、世界中を征服できるような気分になる。ここ何日も眠っていないのに、頭がさえわたっている。獲物を待ち構えながら、生き生きと力がみなぎって、それが、一瞬一瞬のうちに強い高揚感に変わるのを感じる。それがジョンの教えが持つ真の力だ。高ぶった精神状態でいれば、生き延びるチャンスが増える。

 

廊下で扉が開く音がした。グレイスが誰かと一緒でないか、耳をそばだてる。足音は一組しか聞こえない。アマンダが調べたグレイスのスケジュールはその通り、に進んだことが確認できる。市長は今夜は1人きりだ。バスルームのドアがきしむ音を立てて開いた。グレイスが1歩踏み込むなり、アマンダは攻撃を開始した。

 

2人の女性は取っ組み合いを始め、バスルームのシンクの縁からは水があふれる。アマンダは、グレイスの顔を鏡に打ち付けた。グレイスは悲鳴を上げて、アマンダに頭突きをする。マスクの下で鼻に痛みが走る。アマンダは後ろによろめくが、アドレナリンが放出する。用意は出来ている。グレイスは彼女を打ち付け、て、豚のマスクに掴みかかる。しかし、グレイスは腹部にアマンダの肘鉄を受け、て、息が詰まってしまう。グレイスが息を整えると、アマンダは転がって、グレイスの頭を床暖房の入った温かい床に打ち付けた。グレイスは意識を失った。

記憶 9113

アマンダはガラス瓶をもてあそぶ。彼女の目の前のテーブルには、カギの束が置いてある。この中で必要なのはたった1本だ。このカギを瓶に入れないとならないのだが、アマンダは躊躇する。もしカギを入れれば、グレイスが脱走するのに使うかもしれない。新任の市長は良い味方となるだろう...それにジョンの強力な後継者にも。

 

アマンダはギュッと瓶を握り締める。師のためにだったら何でもする。たとえそ、れが教えに背くことであっても。結局のところ、救済は選ばれし少数にのみ授け、られるべきだ。

 

彼女は本物のカギをポケットに入れ、偽のカギを瓶の中に落とした。そして、その瓶を食肉工場の排水槽に投げ込んだ。

 

これがジョン・クレイマーの正当な唯一の後継者であるアマンタの計画だ。

 

ゲームが始まる。