きまぐれDbD

DbDの楽しさを知ってもらえるきっかけになれば嬉しいです

【DbD】「呪術:闇との対面」の効果解説と入手方法【デッドバイデイライト】

「呪術:闇との対面」の効果解説

 

この記事を書いた人
こんにちわ。きまぐれです。当ブログでは、DbD(デッドバイデイライト)に関する情報をお届けしています。初心者さん・中級者さん向けに分かりやすい解説を心掛けております。どうぞよろしくお願いいたします。(※総プレイ時間約3000時間程度の若輩者です)

 

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
きまぐれ

本日は、【Forget In Fog】で追加される新キラー「ナイト」の固有パーク【呪術:闇との対面】について解説していきます。

「呪術:闇との対面」入手方法

キャラクター 取得方法 優先度
ナイト プレステージLv1~3
聖堂(登場時)
★★★★☆

「呪術:闇との対面」効果解説

発動条件 ・何らかの方法で生存者を負傷させる
効果 ・無力なトーテムが点灯し、その生存者は呪縛状態に陥る。
・発動中は、自分の脅威範囲外にいる他の生存者全員が25秒間隔で叫び声をあげをあげ、それぞれのオーラが2秒間視える。
効果終了 ・呪縛状態の生存者が「瀕死状態」or「無傷状態」に回復した場合
・呪いのトーテムを浄化

生存者を負傷させると発動

「呪術:闇との対面」は、生存者を負傷させると発動します。発動するとマップ上にあるトーテムが呪いのトーテムに変わり、生存者は呪縛状態に陥ります。

発動条件は分かりやすく簡単で良いですね!

断続的に叫び声を上げる!

れぷちんさん解説動画より

「呪術:闇との対面」の効果発動中、脅威範囲外にいる生存者は、断続的に叫び声を上げ、その生存者のオーラを秒間見ることができます!

呪いのトーテムを破壊されると永続的に効果終了

「呪術:闇との対面」の効果終了タイミングは「負傷者の回復」「負傷者がダウンする」「呪いのトーテムの破壊」になりますが、はじめの2つの方法で効果が終了し、再度生存者を負傷させるとパークは発動しますが、最後の「トーテム破壊」をされてしまうと、その試合中に再度発動することは無い仕様となっています。

「不死」「破滅」など、呪いのトーテムと同じ仕様ですね。

相性のキラー

レイスやゴーストフェイスなど脅威範囲が狭い(もしくは消せる)キラーと相性が良いかも!

例えばレイスの場合

①一発殴る
②透明化(少し離れる)
③叫び声が上がったところを奇襲!

なんて立ち回りでダウンが取れるかも!?

 

他にも「こんな構成あるよ!」や「こんな方法あるよ」などございましたら、気軽にコメント欄で教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。