きまぐれDbD

DbDの楽しさを知ってもらえるきっかけになれば嬉しいです

【DbD】ブライトの過去が描かれた「アーカイブストーリー(背景物語)」を見てみよう「学術書Ⅰ-覚醒」【発覚】

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
きまぐれ

本日は学術書Ⅰで解放される「ブライト」背景ストーリーのご紹介になります。

ブックマーク(お気に入り)お願いします。

 

 

ブライトの過去が描かれた「アーカイブストーリー」「学術書Ⅰ」【発覚】

f:id:Rainbow_Color:20220103023249j:plain

一番初めのアーカイブになりますが「トラッパー」のチャレンジが達成できなくで、今まで放置していました。トラッパーはあの頃よりかなり強化されたので、挑戦してみたら無事クリア出来ました!  

ブライト固有パーク

パーク名 解放レベル 優先度
ドラゴンの掌握 30 ★★★☆☆
血の恩恵 35 ★★★★☆
不死 40 ★★★★★

ブライト詳細はこちら

アーカス 1513

私はオーリスを使い、身元の分からない、生存者の記憶を探ってみた。見る限りでは、エンティティを讃えるカルト教団が存在した世界から来たらしい。これは、特に驚くことでも、珍しいことでもない。が、記憶によると彼女は刑事のようなことをしていて、カルト教団の生贄を守ろうとし、儀式に捧げられたらしい。彼女に何があったのかはわからない。“露”を探って、真相を読み解かなければ。

アーカス 1672

私はまだ観察が済んでいない、殺人鬼の痕跡をかき集めた。もっともあり得そうなのは、犯罪の本質から判断し、この獣はテラ・ダークに由来するということだ。この女は愛を餌に男たちを誘惑し、その預金を奪い、自分の豚たちに食わせた。最高だ。効率的で、巧みに考えられている。記憶に関する印象は以下に記す...


男は花を手に、戸口を背にして立っている。馬鹿げた薄ら笑いがその無様な顔に浮かぶ。男は自分の人生が残りわずかであると、全く気付いてもいない。孤独な人間が妻を求めて旅に出た。男は指輪のためならどんなものでも手に入れてやると考えた。妻のための土地。妻のための農場。妻のための預金。うまくいくは、ずもない。何にしても、予定通りには行くはずもない。


その女の募集広告に応募した全ての孤独な人間は、物事は予定通りには運ばなかった。女は男の目を覗き込み、男が何も知らないことにぞくぞくとする。面白みのない、面長の顔に。自分が優れているという思い込みに。男はその女に詩を書いていた。甘美な詩だ。女は男が床にのたうち回るその時に、男の喉の奥にその詩を押し込むつもりだ。女は男から待を受け取り、金について聞く。男は金を持ってきている。バッグの中に男の預金を詰め込むと、新たなスタートのための旅を始めた。男は、当てにしていたよりもずっと多くを得るだろう。ずっと多くのものを。男の金と一緒に銀行へ、男と一緒に豚のところへ向かおう。

アーカス 4902

人生とはこの牢獄の中の人生ではない。そして、死に救済はない。それは単に新たな試練の始まりであり、ほとんどの生存者は気付いている。自分たちが、決して理解できないものに捕らわれているということに。何故こうしたことが起きているのか、もはや私には分からない。真実は...私には何を信じるべきかは分からない・・・エンティティは....その正体は未だ不明であり...私が考えていたものとは違うということだ...。