のん DbDLab

【デッドバイデイライト/dbd】の知っトク情報をいち早くお届け

【DbD】『デイビット・キング』まとめ-背景物語から固有パークの解説【デッドバイデイライト】

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
のん

こんにちわ!のんです。
本日は【キャラクター情報/サバイバー編】『デイビット・キング』のご紹介をしていきたいと思います。

【DbD】『デイビット・キング』まとめ-背景物語から固有パークの解説【デッドバイデイライト】

デイビット・キング

 

 

【背景物語】デイビット・キング

裕福な家庭で生まれた一人っ子のデイビッド・キングは、成功を約束されていたように見えた。マンチェスターで成長する間にデイビッドはスポーツ・学問ともに非凡な才能を示し、彼の家族が持つコネと合わせればどのような進路も選ぶことができた。デイビッドはどの分野でも偉業を修めることができただろう。ーーその喧嘩っ早い性格がなければ。デイビッドは喧嘩の興奮を味わうために生き、自ら渦中に飛び込んでいった。


身体の頑丈さと運動神経により彼はラグビーの道に進み、その能力を十分に発揮し、歓声を浴びる身となった。デイビットは期待通りに優秀で評判を集め、やや無鉄砲なルーキーとなった。しかし長く続くはずだった流星のごときキャリアは、彼自身が短気を起こして審判に襲いかかり、リーグから追放されたことで突然終わりを告げた。それでもデイビットはあまり気にしなかった。カネに困らない彼は若くして引退することに決め、他のことを楽しむことにしたのである。


キャリアの束縛から逃れるとともに家族の富に支えられて自由となったデイビッド・キングはほとんどの時間をパブで過ごし、酒を飲み、試合を観戦し、喧嘩をすることに明け暮れた。周囲の人間の一部は彼が人生を無駄遣いしていると言ったかもしれないが、デイビットが時折借金取りの仕事をしていたことや、秘密の格闘クラブに出場し、素手で闘っていたことを知る者は多くなかった。


デイビッド・キングがパブに現れなくなっても数少ない友人たちは驚かなかった。彼らは、ついにデイビットが自身より強い相手に喧嘩を売ってしまったと思っていた。そしてそれはある意味正しかったのである。

✅関連記事

【学術書Ⅱ-報い-】『デイビット・キング・マンチェスターミックス』背景物語【デッドバイデイライト】

 

 

【固有パーク】デイビット・キング

ずっと一緒だ弱音はナシだデッド・ハード


【ずっと一緒だ】

「フックからの安全救出・負傷した生存者の身代わりで攻撃を受ける度に25%の追加ブラッドポイントを獲得する。この効果は最大(50/75/100%)まで重複する。」

【弱音はナシだ】

「負傷状態でマッチを開始し、以下の能力を得る。・無傷状態まで回復できない・血痕を残さない・うめき声を(0/25/50%)に減少させる・這いずり状態から完全に回復できる」

【デッド・ハード】

「負傷状態で走っているときにのみ発動可能。効果発動中はダメージを回避する。発動後は(60/50/40秒間)疲労状態となる。」

【オススメパーク】デイビット・キング

キングのおすすめパークは間違いなく「デッド・ハード」ですね!これを使いこなせるかどうかでチェイス時間が大きく変わってくると言っても過言ではないでしょう!

キラーの一撃はもちろんトラッパーの罠なんかも回避出来たりします。

 

 

おわりに

キングの「デッド・ハード」は生存者プレイヤーから長らく愛用されている、ダッシュ系の強パークになります。上手く使いこなすには少しの慣れが必要ですが、これを使えるかどうかでチェイス時間にも大きく関係してくると思います。「まだ使った事ないよ!」って方はぜひこの機会に「デッド・ハード」に慣れて頂ければと思います。

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
のん

アーカイブをクリアすると解放される「物語」や「ショートムービー」などをまとめたチャンネルを作成しました。こちらにも是非遊びに来て頂ければと思います。のん DbDLab - YouTube