きまぐれDbD

DbDの楽しさを発信中!

【DBD】クローデット・モレルの固有パークと背景物語【デッドバイデイライト】

f:id:Rainbow_Color:20200712193205p:plain

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain

・モレルについて知りたい!
・どんな固有パーク持ってるの?
・詳しい効果を教えて!

とDBDのサバイバー、クローデット・モレルついて詳しく知りたい方向けの記事となっています。

モレルは初期キャラクターで、スキンも固有パークも優秀です

 

【固有パーク】クローデット・モレル

パーク名 カテゴリー 優先度
共感 オーラ可視 ★★★☆☆
植物学の知識 能力補助 ★★★★☆
セルフケア 自己治療 ★★★★★

共感

f:id:Rainbow_Color:20210724013557p:plain

発動条件 ・他の生存者が負傷する
効果詳細

・128m以内にいる、瀕死または負傷状態の仲間のオーラが視えるようになる。

詳細 「共感」効果解説と使い方

植物学の知識

f:id:Rainbow_Color:20210724013607p:plain

発動条件 ・自己、他者治療中
効果詳細

・治療速度と治療アイテムの効率が33%上昇する。

詳細 「植物学の知識」効果解説と使い方

セルフケア

f:id:Rainbow_Color:20210724013618p:plain

発動条件 ・負傷すると発動
効果詳細 回復アイテムを使わずに、通常の35%の速度で自己治療ができるようになる。
詳細 「セルフケア」効果解説と使い方

 

クローデット・モレル「背景物語」

両親から最初に科学キットを与えられたときから、クローデットは実験が大好きになった。ひたむきな探究心により、彼女は有名大学の早期奨学金を勝ち取った。モントリオールを離れるのは大きな決断だったが、逃すには大きすぎるチャンスであった。

内気な彼女にとってチャットルームとネット掲示板が最も大きな社会との接点であり、「サイエンス・ガール」というニックネームで植物学の質問に答えることが新たな楽しみとなった。

ある夜、街から帰路につく長いバス移動の途中、ふらりと散歩に下りたことがクローデットの人生を変えた。彼女が深い森の中で方向感覚を失うのに数分もかからず、二度と帰り道を見つけることはできなかった。ネットの友人たちがクローデットを心配し始めたのは、彼女の投稿が途絶えた1週間後のことであった。