のん DbDLab

【デッドバイデイライト/dbd】の知っトク情報をいち早くお届け

【DbD】ハロウィンイベント「限定アーカイブ物語(ストーリー)」魔女のカフェで聞いた話

 

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
のん

本日はハロウィンイベント「真夜中の森」の学術書をクリアすると解放されるお話「魔女のカフェで聞いた話」のご紹介をしていきたいと思います。

ブックマーク(お気に入り)お願いします。

 

 

【DbD】ハロウィンイベント「限定アーカイブ物語(ストーリー)」魔女のカフェで聞いた話

f:id:Rainbow_Color:20211107002702j:plain

スキマ時間にごゆっくりお読みいただければと思います。

 

ハロウィンイベント「魔女のカフェで聞いた話」

小さくて気持ち悪い物体

魔女のカフェで聞いた話。「永遠の恐怖」。皆さん、ようこそムーンストーン」 へ!本日のスペシャル、パンプキングールパイをフランケンスパイスコーヒーと 一緒にどうぞ。その間に、私は今夜の物語で皆さんを楽しませよう。この話は、 友人に永遠に続く怖い話をしろというお題をもらったことから始まる。気持ち悪 いほど怖いかは分からないが、ハロウィンにはふさわしく、ヨーロッパの中世が、 舞台だ。私はこれを「小さくて気持ち悪い物体」と呼んでいるが、友人たちは、 「永遠の恐怖」と呼ぶべきだと言っている。まずは最後まで聴いてみて、意見を お聞かせ願いたい。


ルシアンが聴病者であることに、疑いの余地はなかった。彼は力強く、賢く、すばしっこいが、それでも臆病者だった。だからこそ、王の軍隊に徴兵されて戦場に赴くのは彼にとって辛いことだった。ルシアンは危ない目に遭いたくないので、怪我や、死ぬことさえも避けるために巧妙な計画を考えた。


角笛が鳴り響き、歩兵が合戦に突入すると、ルシアンは臆病な計画を実行した。彼は他には類を見ないほどの雄叫びを上げ、剣を振りかざして突進した。そして、鉄の衝突する音と瀕死の兵士の悲痛な叫びを聞きながら、誰も見ていないときに、自分で地面に倒れ込み、死んだ振りをしてうまくいくように願った。


ルシアンはとても怖かったので、腐った人間の臭いがするにもかかわらず、数日間も目を閉じていたが、誰かに肩を叩かれるのを感じた。彼が目を開けて見上げてると、黒いローブを着て、血まみれの大鎌を持った男がいた。


ルシアンは死神を見つめていた。


少なくとも、彼はそう感じていた。


実際には死神ではなかったが、低次元の悪魔が、死神のふりをして、誰かを苦しめようと見回りながらいたずらをしていた。低次元の悪魔とは、臆病者とナルシストを苦しめることに完全なる喜びを感じるのだ。


そして、この低次元の悪魔は赤く光る目でルシアンをじっと見つめ、死ぬ時が来たと告げ、その前に何か望みはないかと尋ねた。当然ながらルシアンは、震える手を伸ばして命乞いをした。悪魔は笑って醜い頭を振った。するとルシアンは思いつき、最後に食事をしたいと懇願した。悪魔は後ろに下がって微笑み、最後の望みを叶えてやろうと言った。


悪魔は、ここでで見つけることができるもので腹を満たす間は生かしてやろうとルシアンに言った。こことは、この戦場のこと...いや、戦場ではない・・・ビュッ」フェ...この死のビュッフェのことだ。


ルシアンはどうしたらいいか分からなかった。何を食べればいいか分からなかった。彼は人食いではないし、死ぬ前に何らかの罪を犯したいとも思わなかった。彼が運命に身を委ねようとすると、手のひらに何かがもぞもぞと動いているのを感じた。よく見ると、小さくて気持ち悪い物体が...もぞもぞと死体の膨らんだ腹から出てきて...彼の手に落ちた。


やけくそになったルシアンは、信じられないことをした。彼は惨めなため息をつき、腐った腹に手を突っ込んで、悪臭を放つ染み出した内臓を触ると、すぐにぶら下がった白いウジ虫を取り出した。


喉の奥からこみ上げてくるものを飲み込み、小さくて気持ち悪い物体を月明かりにかざして、口を開けてウジ虫を舌の上に乗せた。悪魔は嫌悪感で顔をしかめ、信じられないといった様子で笑い、聞いたことのない変わった言葉で何かを言った。


ルシアンにはまったく理解することはできなかったが、不思議なことにウジ虫を無性に食べたくなってきたので、自分は呪われているのかもしれないと思った。それどころか信じられないことに、上質なワインやコーヒーを味わうかのように、後味を楽しみたいと思うようになった。


コーヒー豆が木や土の成分を吸収して成長するのと同じように、ウジ虫も餌にする死体の成分を吸収していると言えるのかもしれない。


避けられない死を必死に遅らせようとするルシアンに、悪魔は微笑んだ。ようやくルシアンがウジ虫を食べ終えたとき、悪魔は彼に時間切れを告げた。


しかし、ルシアンは首を振り、まだ腹は満たされていないと言った。そして、こん棒によって押しつぶされた死体に近付いた。スパゲッティとミートボールのように目の穴から血と血糊がこぼれ出ている。そして、そのスパゲッティとミート」ボールには、小さくて気持ち悪い物体がうごめいていた。ルシアンはウジ虫を拾い、欲張りでよだれがあふれた舌の上に乗せた。


元気で、自然で、ぬるぬるとしている。口当たりの良いウジ虫はハーブの香りが、はじけ、フレッシュで大胆なャラクターに癒やされる。


悪魔は臆病者に微笑んで、時間切れだと言った。


しかし、ルシアンは首を振り、まだ腹は満たされていないと言った。そして、発で細かく切り刻まれた死体に近付いた。骨や腸のかたまりがシチューのように血」だまりで膿んでいた。そして、そのシチューには、小さくて気持ち悪い物体がう。ごめいていた。ルシアンはウジ虫を拾い、舌の上に乗せた。


厚みがあるが、フルーティーで歯ごたえがある。柑橘系の繊細な香りが漂う甘い。ウジ虫だ。


悪魔は臆病者に微笑んで、時間切れだと言った。


ルシアンは首を振り、まだ腹は満たされていないと言った。そして、馬や行進していた兵士によって踏み潰された死体に近付いた。頭蓋骨と脳みその断片が胆汁と血で発酵し、野菜用の美味しそうなディッピングソースのようになっていた。そして、そのディッピングソースには、小さくて気持ち悪い物体がうごめいていた。ルシアンはウジ虫を拾い、舌の上に乗せた。


薬草のようで味が濃く、どろどろとしている。風味豊かなコクのあるウジ虫だ。


悪魔は臆病者に微笑んで、時間切れだと言った...そしてご想像のとおり、物語は、延々と続いていった。この臆病者が自分の命のためにウジ虫のように這いつく」ばっているのを見て、悪魔は楽しんだ。物語はずっと続いていくので、話を伝えるのを手伝っていただけると助かる...少なくとも、小さくて気持ち悪い物体がいなくなるまでは続くだろう。


ムーンストーンでこの腐った内臓と血の入ったボウルの中身を順番に回しなさい。諸君には中に手を入れて、小さくて気持ち悪い物体を選んでもらいたい。


その味を自由に表現してみてほしい。血なまぐさくて、ジューシーで、どろどろといった表現を惜しみなく使ってほしい。


分かった、分かった。白状しよう...それは本物のウジ虫ではない。砂糖の入った、温かいブランデーとかぼちゃのわたに浸された、砂糖入りのヌルヌルしたもの...でも、とにかく手を突っ込んでくれ。ハロウィンの気分を盛り上げるために楽しもうじゃないか。

地獄の鐘

魔女のカフェで聞いた話。地獄の鐘。この街で物語とコーヒーを得られる唯一の場所へようこそ。コーヒーの産地は答えられるが、物語やキャラクターの出自は、尋ねないように頼む。なにせ私には分からないのだ。淹れたてのコーヒーの香りが私のインスピレーションの源だという人もいる。もしくは、多元的な宇宙である無限の釜から流れ出る永遠の記憶の流れに私が触ることができるという人もいる。どちらも合っていると思う。これは数日前、エスプレッソカップの底で穀物を観察したときのことだ。それが鐘の形に似ていたのだ...だから私はこれを...地獄の鐘と呼んでいる。


トビーと妹のティナはいつもいたずらをしていたが、今回は幽霊が出ると言われ、ている古くて草が生い茂った廃品置き場に忍び込んだ。噂にもかかわらず、十代の若者たちは錆びついた残骸で遊んだ。クラクションを鳴らし、フロントガラスを蹴った。そして当然のごとく、お互いを怖がらせ合った。


「ここは楽しいね!」とトビーが言うと、


「そうね!」とティナが同意した。


夜になると、トビーはティナを怖がらせるつもりで、古いセダンのトランクに隠れた。しかし、ティナは彼が知らぬうちに残した痕跡に従っていき――


アーーーー


反対に彼を怖がらせたのだ!
トビーは悪態をつき、ティナはまた捕まえるからと言って走り去った。彼女はすぐに古い圧縮機に向かい、半分押しつぶされたステーションワゴンに隠れた。その中は奇妙な黒い霧が満たされていた。彼女はおかしいなと思ったが、それ以上は考えなかった。


しかし、過去の物語で触れたことがあるが、奇妙な黒い霧は必ずしも縁起の良い」ものではないので、彼女はもう少し考えるべきだったかもしれない。とにかく、ティナは後部座席でじっと待った。一時間が過ぎ、彼女は心配になってきた。彼女がゆっくりと首を伸ばして窓の外を覗くと――


アーーーー!


トビーがステーションワゴンを叩く。


ティナは飛び上がって、半分押しつぶされた車の天井で頭を打った。トピーは笑」わずにはいられなかった。そして笑いながら、渦巻く黒い霧を覗くとそこには--


鐘があった。


今まで見たこともないような奇妙な形の鉄製の鐘だ。
彼は「これを見てよ」と言い、鐘を持ち上げ、職人の技を調べ始めた。そして地面に落ちている棒を拾って、馬鹿みたいに鐘を鳴らした。


ガーン。ガーン。ガーン。


黒い霧が濃くなって周りに渦巻くと、不吉な鐘の音が廃墟となった廃品置き場に響き渡った。しかし、彼らが奇妙な霧について何かを言う前に―


圧縮機が動き出した。


ウィーーーン!
ティナは心臓が縮み上がるのを感じ、あまりの恐怖に叫び声を上げた!


トビーは鐘を落とし、彼女の手を掴むと、ギリギリのところで引っ張り上げた。彼らは息を切らしながら、ステーションワゴンがきしみ、ミシミシという音を出し、粉々になる様子を見ていた。


錆びて壊れた圧縮機が突然動き出した原因が何だったのかを考え、長い間、緊張した沈黙が続いた。ちょうどそのとき再び鐘が鳴った。今回は彼らの後ろだ。ティナとトビーはお互いに顔を見合わせ、喉の奥からこみ上げてくるものを飲み、込んだ。彼らはゆっくりと顔を向けたが――


何もなかった。


まったく何もなかった。


雲が渦巻いている以外は何もない。



おそらく彼らの気のせいだろう。



もしくは...



二人でため息をついたちょうどそのとき、再び鐘がなり、霧の中から突然何かが、 現れた。すぐに目の前に--


亡霊が現れたのだ!


亡霊は一瞬のうちにトビーの首を片腕で掴み、銀色に光る月明かりの中で高く持ち上げた。彼の足はぶらぶらと揺れ、腕はジタバタさせ、唇は恐怖で震えてい」
た。


ティナは息を呑み、腰を抜かしていた。亡霊はトビーをドスンと強く地面に叩きつけるた。錆びたホイールレンチを振り上げ、トビーの頭を殴ってスクラップにする。血と血糊があちこちに飛び散った。


そして亡霊は不気味な鐘を持ち、死んだ目をして、ティナのほうを向いた。兄の温かい血にまみれて、ティナは肺が飛び出るまで叫び、そして・鐘が鳴るのを待った。


しかし、二人は次元のポケットのようなところに入ってしまい、別の世界に来て、しまったことに気付いていなかったのだ。この世にはポケットや穴があって、あらゆる種類の暗黒の世界につながっているんだ...それは現実を越えた場所だ・・その暗黒の世界では、私たちが想像する地獄がお花畑に見えるだろう。しかし、その物語は、暗くて不気味な別の夜のためにとっておこう。とりあえず、トビーとティナにとって、死は逃げ場所ではなかったとだけは言っておく。

 

殺人かぼちゃの怒り

魔女のカフェで聞いた話。「殺人かぼちゃの怒り」。皆さん、ようこそムーンストーンカフェへ!有名なハロウィンラテによく合うパンプキンスパイスチーズケーキをどうぞ。今夜は、かぼちゃの話がぴったりだと思う。この物語は、その昔、私たちが今いる場所のすぐ近くにあった村で語られてもので、「かぼちゃの「殺人鬼の怒り」と呼ばれている。


ウラという名前の未亡人がいて、彼女は年に一度のかぼちゃ祭りで、なんとして、も優勝したいと思っていた。賞金のためだけでなく、かぼちゃのすべてを愛してやまない6歳の娘のレベッカを感動させるためでもあった。娘は質感に形、色や匂いなど、かぼちゃのすべてを愛していた。

しかし、ウラのかぼちゃは隣人のかぼちゃとは比べものにはならなかった。隣人」のモナは、毎年かぼちゃ祭りで優勝していた。どうやら完璧なかぼちゃを育てる秘訣を知っているようだ。


ウラのかぼちゃは出来が悪いわけではなかった。出来が悪いわけではないが、特別だというほどではない。偉大なるかぼちゃの審査員たちには、せいぜい平均的だと評される程度だった。高さ、横幅、色、匂いなど、すべてが並みだったのだ。そして、並みでは賞を獲得できない。


さて、ウラは並みのままでは嫌だったので、モナの秘密を知りたいと考えた。そこである朝、彼女はモナが市場に出かけるのを待った。そして誰も見ていないことを確認し、彼女は信じられない行動を取った。モナの家に忍び込んだのだ。


驚いたことに、キッチンにはさまざまな種類のかぼちゃの種が入ったガラス瓶が、並んでいた。それぞれの瓶には、名前と説明、それに奇妙な記号が書かれたラベ」ルが貼られていた。ウラはラベルを読んで、体中に冷たい震えを感じた。彼女は名前や記号の意味を理解できず、一瞬、魔術を疑った。


逃げ出したい気持ちもあったが、その一方で負けるのが嫌な気持ちがあり、かぼちゃ祭りで優勝して娘に誇りを持ってもらうチャンスを少しでも得たいと考えた。


ウラは逃げだすべきだという本能に背いて、「MortafykussCucurruss」というラベルの貼られた瓶を見つけた。彼女はラベルを丹念に調べた。そこには、この種」は最も大きくて鮮やかなかぼちゃを作ることができるが、まだ不安定であると書かれている。「種は不安定」。ウラは顔をしかめた。その意味も分からなかった」し、かぼちゃの種がどのように不安定になるのかも分からなかった。彼女は警告」文を読み進めた。すると--


「血は避けること。特に夜間は」と書いてあった。


彼女は大声で笑った。植物に血を与えるなんて、誰が一体そんなことをするだろうか?こんな警告文は必要なのだろうか?そして一瞬、もしかしたらモナは本当に魔女で、自然に逆らって種を改良したり変異させたりできる強力な力を持っているのではないかとウラは思った。


不気味な警告文にもかかわらず、ウラは一つだけ種を借りた。たった一つだけ、MortafykussCucurrussの瓶から取って、モナには優勝したかぼちゃから種を返そうと自分に言い聞かせた。そう誓うことで、これは盗んだわけではないと自分に言い聞かせ、すぐに自分の小さくて質素な農場に戻った。


ウラは自宅に戻ると、すぐに庭に種を植えた。驚いたことに、次の日にはかぼちゃが目に見えるほど成長し、その後も毎日のようにカボチャが現れた。今まで見たこともないような緑色のとげのあるツル。


確かに、レベッカは巨大なかぼちゃを見て、飛び上がって喜んだ。彼女はかぼ、ちゃを抱きしめ、大きさを測ったり、匂いを嗅いだりするのを止められなかった。


いよいよお祭りの当日、ウラはレベッカにかぼちゃを選ぶように言い、彼女は畑から一番いいカボチャを選んだ。彼女はとても興奮して、太くて緑のツルに転び、棘で切ってしまった。突然活気づいたツルやかぼちゃが、ほんの一瞬震えた。


ウラはその突然の動きを風だと思い、娘の傷の手当てをし始めた。そして、彼女」は選んだかぼちゃを手押し車に乗せて市場に運び、大きなかぼちゃ祭りの審査員の前に持ち出した。


ウラの優勝が決まるまで、そこまで時間はかからなかった。レベッカは嬉しさのあまり飛び跳ねた。彼女はお祭りで優勝したことを大声で叫んで喜んだ。
ウラは、楽しんでいる娘のことが嬉しくなり、大きな誇りを感じていた。


しかし、喜びもつかの間、優勝したかぼちゃをほめる群衆からモナが突然現れ、特徴的な香りを探すかのように匂いを嗅いだ。彼女は秘密を暴こうとしていた。ウラが種を盗んだという証拠だ。そして彼女はかぼちゃに耳を当て、ウラと目を合わせた。一瞬の間、彼女は何か言いたそうな顔をした。しかし、それからモナは微笑み、かぼちゃを優しく撫でて立ち去った。


ウラはモナの姿が見えなくなるまで見届け、優勝したカボチャのわたを取り出してて、家に帰ったらすぐに種をモナに返そうと自分に言い聞かせた。


その後、ウラはかぼちゃを手押し車に載せて、疲れ切った腕で舗装されていない」道を運んだ。娘は月明かりの下で歌いながらスキップをしていた。勝利の幸福感に包まれたウラは、娘と一緒にスキップしようとしたが、テンポを乱してしまい、石で足をひねってしまった。


ウラは前のめりになって手押し車をコントロールできなくなり、大きなかぼちゃ」が転がり出て、巨大な石にぶつかってしまった。


突然、母と娘は恐怖で凍りついた!


破裂したかぼちゃから、のような濃いオレンジ色の液体が流れ出した。隙間から何かが動いているのが見える...何かが...息をしている・・・


ウラはゆっくりとカボチャに近付いた。彼女は瑞瑞していたが、果肉の切れ目に「指を入れ、引っ張った。すると―


ワアアアア!


かぼちゃの赤ちゃんが飛び出した!


そして、彼女の顔にくっついたのだ!


果肉が顔と背中を滴り落ちてきた。ウラは顔からかぼちゃの赤ちゃんを引き剥が、し、何度も地面に叩きつけた。赤ちゃんは泣き叫び、ついには死んでしまった。それからぐったりとして果肉のついた死体を草むらに落とし、それが溶けて、湯気が出るかぼちゃの顔が濃いオレンジ色の水たまりになっていくのを見た。


ウラは娘の手を掴んで、急いで家に戻った。しかし、家に着くと...農場全体が巨大で明るいオレンジ色のかぼちゃと、ナイフのような棘のある太いツルに覆われていた。


かぼちゃ畑を燃やそうと考えたウラは、ツルが震え、地面を這い、足元を擦る中で、娘を抱きかかえて納屋に連れて行った。そして、一斉にツルが足首に巻き付きー


ドッスーン!


母と娘は地面に叩きつけられ、ブルブルとうなるツルが空腹の蛇のように巻き付いた。


月明かりの下で、巨大なかぼちゃがオレンジ色の巨大な卵のように突然孵化する様子を、ウラは恐怖の中で見ていた。そのかぼちゃからは、長くてぎこちないツルの腕を持った二本足でよろめく生き物が生まれた。


そして殺人かぼちゃがウラに近付くと、オレンジ色と緑色の肌をして、足には太い棘があることに気が付いた...その顔は・...彼女の娘に似ていた。


見たものを理解するよりも前に、邪悪なツルが彼女の首と頭に巻き付き、乾いた棘が肌を突き刺して彼女の血を食った。何百もの新しく生まれたかぼちゃの化け物が月に向かって泣き叫び、冷たい闇が彼女を襲った。


子供たちはどうなったかと言うと...成長して増殖し、町中で殺人的に暴れ回った。しかしご安心を。彼らは最終的に、強力な呪文を持った何人かの優秀な魔女」によって阻止された。だがその物語は、暗くて不気味な別の夜のためにとってお」こう。かぼちゃの種で遊んでは駄目だし、かぼちゃに食べられるよりも、かぼ」ちゃを食べるほうがずっといいという話だ。