きまぐれDbD

DbDの最新情報をいち早くお届け!

【DbD】リージョンの基本性能とおすすめアドオン&対策「Dead by Daylight」

リージョン

フランクが彼らをリージョンにするまで、彼らは普通の友だちだった。今となっては、自分たちのルー ル以外には従わないというスリル満点の自由から力を得ている。

 

こんにちわ。きまぐれ(@kimagure_DbD)です。
当ブログでは、DbD(デッドバイデイライト)に関する情報をお届けしています。初心者さん・中級者さん向けに分かりやすい解説を心掛けております。どうぞよろしくお願いいたします。(※総プレイ時間約3000時間程度の若輩者です)

 

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
きまぐれ

本日はキラー『リージョン』の基本性能とおすすめアドオン&対策をご紹介をしていきたいと思います。

 

 

リージョンの特殊能力

基本ステータス

移動速度 4.6m/s 脅威範囲 32m
背の高さ 平均 難易度 普通

愚連の狂乱

愚連の狂乱

愚連の 狂乱の発動中は、リージョンの移動速度が上がり、 追加アビリティであるパレット乗り越えと愚連の切り裂きを使用できるようになる。

特殊アビリティ「パレット乗り越え」

愚連の狂乱発動中にアクションボタンを押すと、パ レット乗り越えで倒されたパレットを乗り越えられる。

特殊攻撃「愚連の切り裂き」

「愚連の狂乱発動中」に攻撃ボタンを押すと、思連の切り裂きを発動する。愚連の切り裂きで生存者を攻撃をすると、生存者は負傷状態に陥り、深手のステータス効果を受ける。リージョンの能力ゲージが回復し、脅威範囲内にいて深手のステータス効果を受けていない生存者の位置が、殺人鬼の本能により明らかになる。生存者が既に深手のステータス効果を受けている場合、愚連の狂乱は効果なしで即座に終了する。

リージョン「固有パーク」

パーク名 解放レベル 優先度
不協和音 30 ★★★★☆
狂気の根性 35 ★★★☆☆
アイアンメイデン 40 ★★★☆☆

不協和音

f:id:Rainbow_Color:20210731063058p:plain

【効果詳細】

2人以上の生存者が同時に発電機を修理すると効果が発動。その発電機のオーラが(8/10/12秒間)黄色くハイライトされる。 

狂気の根性

f:id:Rainbow_Color:20210731063111p:plain

【効果詳細】

生存者を運んでいる間、攻撃失敗のクールダウンがなくなる。攻撃成功で、運んでいる生存者のもがきゲージが(2/3/4秒間)停止する。 

アイアンメイデン

f:id:Rainbow_Color:20210731063120p:plain

【効果詳細】

ロッカーを開ける速度が(30/40/50%)上昇する。ロッカーから出た生存者は15秒間無防備状態となり、4秒間位置が表示される。 
▶アイアンメイデン 掲載予定

 

 

リージョンおすすめアドオン

学術書Ⅲのチャレンジで「愚連の狂乱を1回の使用で生存者に5回命中させる」という難解チャレンジがあったのですが、それをクリアした時の構成をご紹介したいと思います。

アドオン名 効果詳細
スージーのミックステープ
スージーのミックステープ
殺人鬼の本能の探知範囲がとてつもなく広がる。
盗まれたスケッチブック
盗まれたスケッチブック
愚連の狂乱の持続時間がかなり上昇する。

アドオン名 効果詳細

f:id:Rainbow_Color:20220320003411p:plain

冷たい泥
・愚連の狂乱のクールダウンが0.6秒減少する

f:id:Rainbow_Color:20220320003429p:plain

リージョンのバッジ
・愚連の狂乱に殺人鬼の本能で強調表示された生存者に攻撃が命中すると、衰弱の効果を60秒間与える

f:id:Rainbow_Color:20220320003438p:plain

ジュリーのミックステープ
・愚連の狂乱のクールダウンが0.2秒減少する

 

 

リージョンおすすめパーク

血の共鳴

f:id:Rainbow_Color:20210731063738p:plain

リージョンは負傷者を増やす立ち回りが得意なので「血の共鳴」との相性は抜群。出血と疲労ステータスを自動で付与する事ができるので治療遅延を与えながら、疲労の効果でチェイスが楽になります。
▶血の共鳴詳細 掲載予定

死恐怖症

f:id:Rainbow_Color:20210731063818p:plain

負傷者を増やす事で「発電機」「治療」両方の遅延を与える事ができます。

まやかし

f:id:Rainbow_Color:20210731063908p:plain

チェイス時間短縮に便利。

集団ヒステリー

f:id:Rainbow_Color:20210731063918p:plain

負傷者を増やす立ち回りを得意とするので「集団ヒステリー」の効果を活かしやすい。

負傷をばらまく立ち回りがベスト

リージョンの特殊能力「愚蓮の狂乱」を使って負傷をばら撒く立ち回りがおすすめ。「殺人鬼の本能」で近くに生存者が反応したら積極的に狙って行きましょう!

「愚連の狂乱」は一発でOK

狂乱中に同じ生存者を2発以上殴るメリットが無いので、1発当てれば次殺人鬼の本能で反応した生存者を狙うか、能力を解除して攻撃を当てた生存者を追い込むかどちらかの選択をしましょう。

【リージョン対策①】殺人鬼の本能はロッカーに入っていても反応する

リージョンの「殺人鬼の本能」はロッカーに隠れても反応します。なので効果範囲にいれば確実に場所がバレてしまうので、対策としては遠くに逃げるの一択になります。

【リージョン対策②】狂乱の攻撃ではダウンしない

リージョンの「愚連の狂乱」は1撃目に深手状態になりますが、2発目貰ってもダウンはしないのでリージョンが狂乱で追いかけてきてる間は「デッドハード」は温存しておきましょう。

 

 

【背景ストーリー】リージョン

19歳のフランク・モリソンは、何かで成果を出したことはほとんどなかった。観客席に審判を押しのけたことでバスケットボールチームをクビになると、学校も不登校になってしまった。明るい未来を築く見込みのあるフランクだったが、子供の頃は暗い少年時代を過ごした。

6歳の時にカルガリーから連れ出されると、里親の家をたらい回しにされた。何度も食ってかかり、癇癪をおこしては喧嘩をしたが、その度に新しい、知らない里親の家へと送られた。

最後の養父となったクライブ・アンドリュースが養子センターからフランクを連れ帰った時は、フランクにとって3年ぶりの引っ越しだった。2人は7時間もかけてオーモンドにある小さなバンガローにたどり着いた。それは2人で共に過ごした一番長い時間だったかもしれない。クライブは福祉施設から受け取った小切手をバーで酒と交換するのに忙しかったからだ。


オーモンドはこじんまりとした寂れた町だった。人口6,000人の都市部から離れた町で、1年のほとんどが陰鬱な冬だった。フランクは別の養父母を見つけようとあらゆる手段を尽くしたが、ある美しい少女との出会いによって気持ちが変わった。ジュリーという名のその少女は、いつかオーモンドを出てマシな人生を送ると決めていた。

町の外から来たフランクを、ジュリーは外の世界へ出るために利用しようと考えた。ジュリーが開いたパーティーに参加した時、来ていたのは皆年下で、フランクは簡単に好印象を与えることができていい気分になった。

パーティーでは、衝動的な性格で自慢屋のジョーイ、そしてジュリーの親友である内気で無邪気なスージーに出会った。彼らはよく、オーモンド山にある廃墟となったロッジに出かけていった。友達と共に過ごすことで、それぞれが毎日続くちっぽけで退屈な生活から逃避できた。

フランクにとっては、自分たちの経験不足を何か強力なものへと変えるチャンスでもあった。


毎晩のように酒を飲み歩いては大騒ぎし、自分たちの限界を試した。暴行、破壊、窃盗。どれも週末には欠かさず計画した。やがて、皆はフランクのあらゆる要求を実行するまでになった。仮面をつければ、そこには限界など存在しなかった。

ある晩、フランクは自分がクビになった店を破壊するようジョーイにけしかけた。彼らは閉店後の誰もいない店内にたやすく侵入した。

ところが、まだ店に残っていた清掃員がジュリーに気がつき、近づいたとたんに捕まえた。ジュリーの苦しそうな叫び声を聞いて黒い衝動に突き動かされたフランクは、助けようとナイフをためらいなく清掃員の背中に突き刺した。

フランクはショック状態に陥って自分を見つめる仲間に向かって、仕事を終わらせろと命令した。ジョーイは歯を食いしばってナイフをつかみ取り、流血する清掃員の脇腹を刺した。スージーが拒否すると、フランクが怒鳴りつけた。

始めてしまったことは終わらせなくてはならない。ジュリーは目を閉じてその男の胸にナイフを突き刺し、血で濡れたそのナイフをスージーに手渡した。

今や全員が共犯者なのだ。フランクは不信の眼差しでジュリーを見るスージーの震える手をつかみ、そのまま男の喉にナイフを深く差し込んだ。

フランクは急げと命令した。

彼らは血塗れの床にモップをかけ、ジョーイの車のトランクに死体を押し込むと、オーモンド山へ向かった。4人が全員で死体を捨てようと泥まみれの雪を掘っていたその時、フランクが森を移動する何かに気づいた。

フランクはナイフをつかんで仲間の元を離れ、様子を見に向かった。すると、周りに濃い霧が立ちこめ、あっという間に先が見えなくなった。足跡をたどって道を引き返そうとした時、フランクの前に突如不吉な小道が現れた。

フランクはまるで闇に呼び寄せられるかのように、その不気味な道を進んでいった。ジュリー、スージー、ジョーイが掘る作業を終えると、フランクの姿がないことに気がついた。

ジュリーがくっきりと雪に残された泥の足跡を見つけると、3人は足跡をたどり、森の奥深くへと入っていった。その夜、ジュリー、スージー、ジョーイが家に戻らなかったので、彼らの両親はフランクと一緒に家出をしたのだと考え、それぞれの両親がそれぞれの説を唱えた。

しかし、オーモンド山の廃墟のロッジで死体が発見されると、町の雰囲気は一転した。