きまぐれDbD

DbDの楽しさを発信中!

【DBD】アンノウンの基本性能と固有パーク&対策

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain

・アンノウン ってどんな能力?
・固有パークって強いの?
・おすすめのアドオン知りたい!

と、DBDのキラー「アンノウン 」について詳しく知りたい方向けの記事となっています。

2024/3月にDBDオリジナルキャラクターとして実装予定の、新キラー「アンノウン 」について解説しています。

 

アンノウンの基本性能

移動速度 4.4m/s
脅威範囲 32m
特殊能力 UVX
固有パーク アンバウンド
アンフォーシーン
アンダン

特殊能力:UVX

- 能力ボタンを押してUVXをチャージする。
- 攻撃ボタンを押してUVXを放つ。
- UVXはバウンドする発射体で、物に当たると爆発範囲を作り出す。
- 空中にあるUVXに触れた生存者は妨害状態となる。
- 爆発範囲に触れた生存者は弱体化する。
- 弱体化した生存者が爆発範囲に触れると、1段階負傷する。
- 生存者はアンノウンを睨み倒すことに成功すると弱体化を解除できる。

特殊アビリティ:幻覚 

- アンノウンは断続的に幻覚を作り出す。
- 幻覚はUVXのチャージ中、アクションの実行中、またはフックなどのオブジェクトの近くにいる間は作られない。
- 生存者が爆発範囲に触れたりして弱体化すると、次に幻覚が出現するまでの時間が10秒短縮される。

特殊アビリティ:テレポート

- アンノウンは幻覚にテレポートでき、その際、一時的なデコイを残す。
- 生存者は払いのける能力を使って儀式から幻覚を除去できる。
- 弱体化した生存者は払いのけるのに、より時間がかかる。
- 払いのけを完了しないと、生存者は弱体化し、殺人鬼の本能を発動させる。

アンノウン :固有パーク

パーク名 種類 優先度
アンバウンド チェイスパーク ★★★☆☆
アンフォーシーン 探知不可 ★★★☆☆
アンダン 発電機遅延 ★★★☆☆

※優先度は個人的な感想です。

アンバウンド

発動条件 ・生存者が負傷する
効果詳細 窓を乗り越えると5%の迅速を10秒間得る。
効果時間 ・30秒間

▶アンバウンドの詳細はこちら

アンフォーシーン

発動条件 ・発電機を破壊する
効果詳細

・脅威範囲がその発電機に30秒間移動し、脅威範囲が32メートルとなる。 
・効果が続く限り、探知不可のステータス効果を得る。 

クールダウン ・30秒間

▶アンフォーシーンの詳細はこちら

アンダン

発動条件 ・生存者がスキルチェックに失敗する
効果詳細

・発電機を破壊する際にトークンを所持している場合、トークンが全て使用される。(最大30個)
・トークン1つごとに発電機の全体の進行度が1%失われ、さらに発電機が1秒間ブロックされる。 
・発電機のブロックが解除されると、修理の進行度が後退し始める。 

クールダウン ・60秒間

▶アンダンの詳細はこちら

アンノウン “おすすめアドオン”

情報が揃い次第記載していきます。

アンノウン “おすすめパーク”

情報が揃い次第記載していきます。

アンノウン対策

アンノウンの特殊攻撃「UVX」の解除方法は、アンノウンを睨み倒すことに成功することになります。

具体的には、UVXに感染した状態でアンノウンの視界の中央に捉え続けると解除されます。感染状態でUVXを受けると、1段階負傷もしくはダウンをと取られてしまうので、素早く解除を行いましょう!

アンノウン :メメントモリ

アンノウンのおすすめ解説動画

アンノウン をより深く理解したい方には、実況者による解説動画がおすすめです。プレイの細かいポイントから戦略まで、分かりやすく説明されています。

見て覚えるってのが1番だと思うので、ぜひチェックしてみてください!

れぷちんさん

youtu.be

フルコンさん

youtu.be

べるくらさん

youtu.be

アンノウンの背景ストーリー

 

オリビアは都市伝説とその起源について修理論文を書いていた。彼女は都市伝説には昔ながらの言い伝えと類似点があると考え、そのことを示すためにある伝説を調べていた。「アンノウン」は謎に包まれた悪魔で、その類まれな凶悪さから、その存在を調べようとすると死を招くと信じられていた。少なくともそういう噂があって、具体的な話も数多く存在した。その一つに、グリーンビルに住むある女性が大勢の目の前でステージから跡形もなく姿を消し、その数週間後にはその事件を調査していた彼女の友達が行方不明になったという話がある。警察の捜査は行き詰まっていた。手がかりも解決への糸口もなく、この都市伝説の謎は深まり、その噂はより一層広まっていった。

オリビアは春休みに実家には帰らず、調査のためグリーンビルに向かった。町で2番目に安いモーテルで見つけた小さな部屋は、タバコの煙とカビと酒の混ざった匂いがした。彼女はその部屋の壁に探偵ボードをこしらえ、そこにアンノウンが関わると考えられている似たような失踪事件について記事や色々な説をピンで留めた。そして赤い紐と黄色い画びょうを使って、ボード上の手がかりを結びつけた。何も知らない人が見たら、正気の沙汰を疑うような光景だ。

アンノウンの起源については数多くの説があった。古代の狂信的教団によって大昔に呼び起こされた悪魔だという説や、エリア51から脱走した宇宙人だという説もあった。伝説によると、それは暗闇に蔓延り、人を吞み込んでその声を盗み、それを使って他の者を破滅へとおびき寄せた。

オリビアが最初に見つけた新聞記事には、1800年代に行われた交霊会での失踪の記録が書かれていた。1950年代後半には、数人の大学生が映画館から忽然と姿を消している。彼らが映画館に入るのを見たという目撃者や、座席に座っている彼らを覚えている者もいた。しかし館内に照明が戻った時、そこに彼らはいなかった。大学生たちが立ち去る姿を見た者はなく、彼らの形跡も見つからなかった。映写技師によると、その夜、ひとけがない映画館の暗闇から声が聞こえたそうだ。しかし彼が照明をつけると、そこには誰もいなかった。また1960年代には、幽霊が出ると言われていた廃病院に忍び込んだ10代の若者たちが行方不明になっていた。

こういった不可解な失踪事件を説明するため、様々な噂や憶測が生まれた。その一つに、1950年代に戦略情報局によって実施された政府の極秘研究計画があった。その名も「アップルパイ計画」。それは幻覚剤を使ってマインドコントロールを試みる実験だった。1970年代にその記録はほとんど破棄されたが、証言によると全国各地の映画館や病院、大学などの様々な環境で、何も知らない市民を対象に実験が行われたと言われている。そしてこれらの非倫理的な実験が他の次元へつながる扉を開き、そこから邪悪なものが入り込んできた…そう信じる人は少なくなかった。

オリビアは調査結果を書きとめ、探偵ボードにピンで留めた。アンノウンは暗闇に住み、犠牲者の声を真似ることができる。それは邪悪な存在だったのか?地球外生命体なのか?政府による実験の失敗作だったのか?それとも、注目されるのが嫌いな、ただのありふれた連続殺人鬼なのか?彼女はアンノウンは現代の言い伝えにすぎないことを証明したかった。そしてその調査がこの夜、この場所、このみすぼらしいモーテルの部屋に彼女を導いていた。

しかし、グリーンビルの失踪事件には他の話とは異なる点が一つあった。霧の存在だ。そして彼女は、不自然な濃い霧によって人が行方不明になる別の都市伝説があったことをなんとなく思い出した。彼女にある考えが浮かんでくる。ひょっとしたらグリーンビルの失踪事件はアンノウンではなく、別の闇に関係しているのかもしれない。

オリビアはふと、都市伝説が別の都市伝説と出くわしたらどうなるだろうかと考えた。彼女はその考えを笑い飛ばした。そして危険を冒したい気分に駆られ、アンノウンの姿を想像して描いてみた。彼女はそのスケッチを探偵ボードの真ん中にピンで留めた。そして苦笑いをしてから、アンノウンを定義しようとした罰としてアンノウンに吞み込まれるのを待った。彼女は窓とドアを不安そうに見つめた。そうしているうちに時計は数秒から数分へ、数分から数時間へと時を刻んでいった。

しかし何も起こらない。

そして今、時計は午前2時過ぎを指している。オリビアは疲れ切って、記事を読みながら冷たいコーヒーを口にした。彼女が最初にその囁き声に気づいたとき、それは疲れた自分の幻聴だと思った。

「オリビア…」

その声はバスルームから聞こえてくるようだ。

「助けて…」

部屋の照明が点滅する。

「そこにいるのは誰?」

オリビアは目を大きく開けてバスルームの閉じられたドアを見つめた。これは彼女の幻聴なのか。それとも…

友達がやってきて彼女にイタズラをしているのかもしれない。

「アリエラ?ショーン?ふざけるのは止めて…」

彼女はゆっくりとバスルームに近づいた。照明はチカチカと点滅し続けている。恐怖が長い波のように彼女の体中を満たしていく。そして彼女は思った。バスルームのドアの向こうにはアンノウンがいて、傲慢な態度を取った自分を罰しようとしているに違いない…何かがまた彼女の名前を囁き始めた。しかしその後、その声は突然混乱し、かすれ、乱れた。それはドアの向こうの不気味な生き物が何者かに襲われたような音だった。

オリビアは心の底から未知の恐怖を感じていた。その額には冷や汗の粒がたまっている。彼女はゆっくりと息をした。そしてドアノブに手を置いた。部屋の明かりは消え、人間のものとは思えない奇妙な叫び声がまだ聞こえてくる。すると明かりが戻り、ドアの下から奇妙な黒い霧が這い出てくるのが見えた。

オリビアがためらいながらドアを開けると、怒り狂ったように蠢く触手を持った大きな物体が濃い霧の中に引き込まれ、消えゆく影のようにゆっくりと暗闇の中に姿を消すのが見えた。金切り声は突然止み、隣の客がテレビの音量を下げるよう部屋の壁を叩いてきた。オリビアは自分の前にぽっかりと開いた真っ黒な深淵をじっと見つめた。彼女にはどうすればいいのか分からない。逃げ出したい自分もいれば、もっと知りたいという好奇心もあった。そして次に何をすべきか考える彼女に、何十もの声が聞こえてきた。それは彼女に未知のこと、不可能なこと、そして人間が経験できないような超自然的なことを約束する声だった。


~おしまい~