きまぐれDbD

DbDの楽しさを発信中!

【DBD】アラン・ウェイクの固有パーク解説と“背景ストーリー”紹介

\【PR】暇つぶしがお小遣いに変わる!/

参加はこちら▶【TikTok Lite】

アラン・ウェイク解説
f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain

・アラン・ウェイクの固有パークの効果は?
・背景物語が知りたい!

本記事では、2024年一発目のDBD新サバイバー「アラン・ウェイク」について解説しています。

 

アラン・ウェイク“固有パーク”

パーク名 解放手段 優先度
最終期限 【BW】プレステージ1~3 ★★★☆☆
恵み:イルミネーション 【BW】プレステージ1~3 ★★★☆☆
光の騎士 【BW】プレステージ1~3 ★★★☆☆

※優先度は個人的な感想です。

 

アラン・ウェイク“固有パーク”①最終期限

発動条件 ・負傷するとパークが発動する
効果詳細 ・修理中や治療中にスキルチェックがランダムな位置に10%より頻繁に発生する。
・失敗した際のペナルティが50%減少。
クールダウン なし

アラン・ウェイク“固有パーク”②恵み:イルミネーション

発動条件 ・いずれかのトーテムを恵む
効果詳細 ・範囲内の生存者は、全てのチェストと発電機のオーラが青色で見える。
・トーテムの浄化・清める速度が10%上昇する。

アラン・ウェイク“固有パーク”③光の騎士

発動条件 ・懐中電灯を所持している時
効果詳細 ・懐中電灯を照らしている時、50%の迅速を得る。キラーを目くらましすると、そのキラーは20%の妨害を6秒間得る。
クールダウン ・60秒間

 

アラン・ウェイク:背景物語

13年前ベストセラー作家のアラン・ウェイクは不可解な状況下でブライトフォールズの町から姿を消した。

外の世界で時が流れ行く中、アランは闇の世界にとらわれていた。それはアランの描いた物語が現実となる奇妙な世界だった。彼のいる山小屋の外は、時が止まったように見える。

アランはタイプタイターの前に座り、何ページも物語を書いた。そして自分の心の最も暗い奥底から恐怖や悪魔を呼び起こし、自分が闇の世界から抜け出せるような物語を書こうとした。そうすることによってのみアランは本当の世界に戻って妻のアリスと再開できるのだ。

しかし、その奇妙な世界から抜け出すことはできなかった。そして永遠に物語を書き続けるうちに、アランは自分の知る世界に戻る希望を失っていった。

しかし彼はふと、あることを思い出した。ドラマシリーズ「ナイトスプリングス」の脚本の事だ。最初の方のエピソード用に彼が何年も前に書いたもの。エピソードのタイトルは「デッド・オブ・ナイト」。悪夢の世界に閉じ込められた者たちを描いた手に汗握る超自然的スリラーだ。

確か彼らはエピソードの終わりで脱出に成功した・・・はずだ...

しかしアランはその結末が思い出せない。「ナイトスプリングス」のために働いていたのは遠い昔のこと。闇の世界は、彼との時間と記憶を蝕んでいた。アランにできるのは残された記憶を頼りに脚本を再現することだけだった。そしてエピソードの結末を思い出すまで何度でも脚本を書き直すのだ。

彼が脚本を書き直すたびに彼を取り囲む闇の世界はその姿を変え、彼は自分の書くシーンの真っ只中に立っていた。そしてその脱出が失敗すたびに彼は山小屋のタイプライターの前に戻された。

アランは心の中に聞こえる囁き声のようにその結末を思い出すまで、挫けることなく何度も脚本を書き直した。アランが最後の原稿を書き上げると、彼は再びシーンに引き込まれ登場人物たちと一緒に黒い霧の前に立っていた。

その霧を見てアランは背筋が寒くなったが、エピソードの結末にはその霧が必要だった。彼は登場人物たちが霧の壁を通り抜け、悪夢の世界を後にするのを見つけた。自分に前に立ちはだかる霧を前にして、彼はまた思い出した。

エピソードの結末は曖昧なものにしてあった。彼らは家に戻れたのか?愛する人たちと再開したのか?結末にどんな意図を含ませたのか、もう思い出せない。

彼は山小屋に戻って、もう一度だけ原稿を書き直したいと思った。

しかしそう思った瞬間、彼は見た。

霧の奥深くでかすかにきらめく光を。

合図だ。家に帰る道を示している。長い時間が経ってやっと現れた。それは彼の目の前にある。アランは震えながら深呼吸をした。そして遠くに見える光から目をそらすことなく霧の中に入っていった。

~おしまい~