のん DbDLab

【デッドバイデイライト/dbd】の知っトク情報をいち早くお届け

【DbD】ジョナ・バスケスまとめ「物語・固有パーク」解説【デッドバイデイライト】

 

f:id:Rainbow_Color:20200919001636j:plain
のん

本日はデッドバイデイライト、オリジナルキャラクターとして登場した、新サバイバー「ジョナ・バスケス」についてまとめていきます。

ブックマーク(お気に入り)お願いします。

 

 

【DbD】ジョナ・バスケスまとめ「物語・固有パーク」解説

f:id:Rainbow_Color:20211117183335j:plain


見た目はいかついけど「第2の恵み」パークを引っ提げdbdの世界にやって来ました。

 

背景物語

ジョナ・バスケスはベールの裏側にある真実を見ることができた。その優れた頭脳で、ほとんど誰もが理解できないような方法で数字を理解した。夕日、建築、草の葉—それら対象の中を、目の光が届かないほど奥深くまで見通すことのできる彼は、数字—つまり数学—を説明する言葉、人類が存在する理由と仕組みを決定する、宇宙で絶えず繰り出される複雑な数式を理解した。構造とパターン。完全な法則、物理法則。

彼の才能は、生まれ育った家の貧困連鎖が原因で見過ごされてきた。しかし、パターンというものは通常のコースから外れる場合がある。ジョナの父親は家族の幸せのため、体を張って奮闘した。カリフォルニア州フレズノ近郊で果物の摘み取り作業員として働いていたことがきっかけで、ついには小さなマングローブを手に入れた。立派な林ではなかったが、ジョナに安定した養育と教育を与えるには十分だった。

ジョナは上級クラスに入れられたが、周りの同級生は彼の才気にほとんど気づかなかった。親しい友人が数人いて、野球が好きで、古代文明に興味を持つ、至って普通の少年だった。ただ、頭が数字モードに入る時、ジョナは独りの世界に浸った。彼にとって数字は何よりも魅力的な驚異だったのだ。フィボナッチやリカマンの数列を掘り下げた彼は、すぐに歴史上の主要な数学者が編み出した複雑な数式に熱を上げた。

16歳の誕生日、ジョナのもとに宛先のないカードが届いた。言葉はなく、数字だけが書かれている。

8,25,19,44,1;-20.37,-69.85;13,2,26,11,1

問題だ。数学の先生か、彼が難問を解くのが好きであることを知っている親戚からの誕生日プレゼントだろうか。ところがどういうわけか、そうではなかった。ジョナはすぐさまGPS座標に気づき、これがチリのとある位置につながっていることを発見したが、他の数字は意味がわからない。いくら試しても、試みは失敗に終わった。

時が経ち、彼は問題に不備があると言い聞かせて解くのを断念した。大学に進学し、卒業したジョナは、暗号解読担当としてCIAに入局した。出勤初日、就業規則に記載されていたのは数年前に受け取った数字だった。

8,25,19,44,1;-20.37,-69.85;13,2,26,11,1

首の後ろにはっきりと分かる緊張が走り、翻弄されている感覚を覚えた。彼は問題に再度取り掛かったが、得られたのは、あれから何年も経験を積んだにもかかわらず、新たなヒントは何も得られないという事実だけだった。だが悩んでいる場合ではない、仕事に集中しなければ。

ジョナが任されたのは、ヨーロッパ中の信号局から送信されるメッセージの解読業務だった。アーカイブの映像によると23年間ものあいだ数十人が業務に関わっていたが、その立場はどれも不明だった。単純な光の点滅によって隠された複雑な暗号によって、まとまりのない情報が明らかになった。大きな手掛かりにはならなかったが、それらのメッセージを見るかぎり、世界中の権力者や富豪が関わっているようだった。

そのプロジェクトは突如終了になり、関わったエージェントは皆他の業務にまわされることになった。ジョナは新たに民主制が誕生したクワンタナに設置された極秘捜査部へと移動になり、反対勢力が発信するメッセージの妨害と解読を任された。彼の任務によって数々の反対勢力の潜入場所が判明し、アメリカは反対勢力を狙うことができた。そして爆弾が落とされた。

自分が解読したメッセージがおとりだったことに気づいた時には、手遅れだった。膨大な数の一般人が犠牲になったが、当局は本当の数字を隠蔽した。ジョナは自分を責めた。惨状と家族の別離を直接目の当たりにした彼は休暇を取ったが、クワンタナに残り実際の被害の規模を調査した。何かやらなければ。ジョナはCIAのデジタルセキュリティ担当の1人から気に入られていることを利用して頼み込み、反対勢力のコンピューターネットワークに侵入した。そこから数字を調べて改ざんしたが、この時は誰も気が付かないだろうと思っていた。彼は反対勢力から少しばかりの金額を吸い上げ、家や家族を失った人々に回した。

検知されず血も流れず、事は順調に進んだかのように見えたが、それは彼の部屋に銃声が鳴り響くまでの話だった。ジョナは床に伏せた。窓ガラスが粉々に割れ、壁に次々と穴が開いていく。ノートパソコンを掴むとキッチンの窓を割り、隣の建物の屋根に飛び移った。衝撃でズキズキ痛む足首をさするよりも前に、小さな家は爆発して炎上した。ジョナは振り返らず、ただ必死に逃げた。這うように路地へと降りると、ダンボール箱や腐った機材で作られたボロボロの掘っ立て小屋が立ち並ぶスラム街に身を隠した。1週間後、疲れ果て、ホコリまみれになった彼はすっかり参った様子でアメリカ大使館にたどり着いた。

息をつく間もなく、CIAの上官から電話があった。「これで懲りたか?改革運動を起こした感想はどうだ?」

ジョナは自分が無力であることを痛感した。そして改めて、集中すべきことに意識を戻すことにした。シンプルかつ白黒がはっきりしたもの。数字だ。

上官はジョナに新たな仕事を与えた。数名しか関わっていない極秘任務だ。信号局に関する彼の調査が上層部に伝わり、秘密のベールに覆ったままでプロジェクトが再開された。ジョナは暗号解読に専念した。仕事自体に魅了された部分もあるが、一方で苛まれる罪悪感を忘れるためでもあった。信号局の仕事は、ホラーポッドキャストというさらに不可解な展開を見せた。

世界中の怖い話やホラー話の中に、慎重に隠された暗号が含まれていたのだ。暗号は時に数字で、時に文字で構成されていた。そしてどの暗号も、あたかも秘密のパスワードかハッシュタグのように、こんなメッセージが含まれていた。「生け贄は転生」。暗号に隠された情報は権力のある人々のコネクションに関するものだった。だが何が目的なのかは分からない。招集、生まれ変わり、生け贄、狩りなどという言葉が行き交っていた。ジョナはその大半が、こちらを欺くためのおとりだと考えた。その夜は遅くまで他の暗号を分析した。今回暗号が隠されていたのは、吸血鬼の話だった。解読した結果を見て、ジョナは背筋に冷たいものを感じた。

8,25,19,44,1;-20.37,-69.85;13,2,26,11,1

またこの数列だ。ジョナはこの数列に取り憑かれていた。目を閉じてもなお目の前に現れるこの数列は、彼の眠れぬ脳裏にまとわりつき、かまってくれと訴えていた。ジョナは数年前と同じように座標を確認したが、やはりチリの墓地を指し示しているだけだった。彼はCIAのデータベースにログインして、その場所の過去に関する情報を検索した。ヒットした検索結果が1件だけあった。その周辺で遺体が発見された、未解決の事件。死体は数百羽のカラスによってついばまれていた。

ジョナはこれ以上謎を謎のまま放置するわけにいかなかった。これまで彼にまとわりついてきたこの数列に、今度は彼がまとわりつく番だ。上官が認めてくれるとは思えなかったので、誰にも知らせずにチリ行きの航空券を手配した。この座標にいったいどんな特別な背景があるのか、この目で確かめたい。24時間もかからずに、ジョナは「–20.36,-69.85」にたどり着いた。うだるような暑さのなか、彼はゴーストタウンにある墓地に立っていた。

砂と骨しかない。砂に唾を吐きかけると、ジョナはもう一度数列の解読に頭を悩ませた。古い墓の横でうなだれる。用心深いカラスの視線を感じながら。故郷とマングローブが恋しかった。宇宙の複雑さが降り掛かってくる前の、あの頃に戻りたい。古い廃墟が建つ片側を見て、反対側の見渡すかぎり広がる砂漠に目をやる。フレズノに似ている—乾燥した高い気温と、砂ぼこりの舞う地平線からオレンジ色の輝きを放つ夕日。だがここは、故郷ではない。自分はよそ者だ。ジョナは、よそ者の立場からこの場所を見た。

そして理解した。

彼はこの暗号を、自分の経験から、自分の世界観をもって分析しようとしていた。多くのことを見過ごしていたのだ。興奮した彼は夢中になって謎に挑み、考えた。この数列は他の文化にとって何を意味するのか?古代エジプトの測定法、ペルシャの通貨、そして…旧暦。彼はついに理解した。

自分の持つあらゆる古代文明の知識をふるいにかけ、最終的にたどり着いたのはタニリアン歴だった。日にちとして数字を代入すると、最初の半分をグレゴリオ暦に変換させた。そして導き出された数字を見て彼は驚愕した。自分の誕生日だ。世界は彼の周りをらせん状に回っている。手に汗を握りながらジョナは残りの数字を計算した。現れたのは別の日、今日だ。

この暗号が指し示していたもの…それはジョナとこの場所、この瞬間だった。手が震えた。心臓が肋骨に向かって激しく高鳴る。これは預言的なものなのか、それとも誰かのお膳立てなのか?ジョナには分からなかった。数字と言えども、今回ばかりはつじつまが合わない。

ひどい疲労感に襲われるなか、目の前の世界が不可能な形で変わっていった。ジョナは自然の方程式を知っている。目に映るのはあり得ない光景だ。砂漠の向こう側には父親のマングローブが広がり、圧倒的な心地良さを感じる。カラスが遠くから鳴き、柑橘類の香りが風にのって漂っている。彼は子供に戻ったのだと思った。あの数列はただの恐ろしい悪夢だったのだと。懐かしい気持ちにとらわれたジョナは黒い霧が草から滲み出て渦巻きながら自分に迫っていることに気づかなかった。カラスが枝から飛び立つと、執拗に甲高く鳴き、空中で旋回した。風のにおいが柑橘類ではないということに気づいたが、もう遅い。

ジョナ・バスケス「固有パーク」

パーク名 解放レベル 優先度
Overcome 30 ★★★★☆
是正措置 35 ★☆☆☆☆
恵み:指数関数 40 ★★★☆☆

※優先度は私の独断と偏見で決めております。

Overcome

f:id:Rainbow_Color:20211111195407p:plain

・負傷ブーストの効果が2秒間延長される。
・使用後は40秒間の疲労ステータスが発生。

是正措置

f:id:Rainbow_Color:20211111203406p:plain

・儀式開始時に(1/2/3)トークン所持し、スキルチェックでグレイトを出すたびに1トークン獲得する(上限数5)
・協力してくれている生存者がスキルチェックに失敗すると1トークン消費され、その失敗したスキルチェックがグッドになる。

恵み:指数関数

f:id:Rainbow_Color:20211111203811p:plain

・無力なトーテムを清めて恵みのトーテムを作り出す。
・恵みのトーテムの範囲内にいる生存者は回復速度が(90/95/100)%上昇し、瀕死状態から完全回復できる。
・トーテムは同時に1つしか清められない。装備したすべてのパークが恵みのトーテムが有効になる。